特殊効果コマンド

Paint Shop Pro にはコントラストのエッジや領域を変更することによって、イメージにペイントのような効果やドローのような効果を加える数多くの効果があります。 効果を適用する前にプレビューすることができます。

効果は 24 ビット イメージやグレースケール イメージにのみ適用させることができます。 必要に応じて、イメージの色数を増加して効果を適用した後に、イメージを元の色数に戻してください。

 効果のダイアログ ボックスを使う


[鉛筆スケッチ]、[色鉛筆] 、[チャコール]、 [カラー チョーク]、[エッジ グロウ] 、 [ネオン グロウ] 効果は同じダイアログ ボックスを使用します。
全般的な使い方は下記で説明しています。 特定の効果については、関連項目の一覧から選択してください。

効果を適用するには:


1    効果の適用前と適用後を見比べるには 2 つのプレビュー ボックスを使います。 左側のボックスは元のイメージを表示し、右側のボックスは設定を調整するたびに更新します。 拡大するには  ボタン、縮小するには  ボタンを使用します。 イメージの他の領域を表示するには、 ボタンをクリックして、フレームを新しい位置へドラッグするか、表示の上にマウス ポインタを合わせて (マウス ポインタが手の形になります)、イメージをドラッグしてください。

2    設定を変更するたびに元のイメージを更新するには、[オートプレビュー] チェック ボックスを選択します。

3    ストロークの数を制御するには [詳細] スライダをドラッグするか、[
詳細] ボックスに数値を入力してください。 [詳細] のレベルを増やすと、ストロークの数と詳細のレベルが増えます。

4    効果の強さを制御するには、[不透明度] スライダをドラッグするか、
[不透明度] ボックスに数値を入力してください。 不透明度を増加すると、イメージは効果をより多く表示します。

5    [オートプレビュー] チェック ボックスを選択していない場合、設定をプレビューするには [プレビュー] ボタンをクリックします。.

6    [OK] をクリックすると、ダイアログ ボックスを閉じて変更を適用します。

7    [キャンセル] をクリックすると、効果を適用せずにダイアログ ボックスを閉じます。