インターネット論/インターネット・リテラシー 第15回
 
 

画像のあるページの「出版」


ハイパーリンクを新しいウィンドウで見るには


通常ハイパーリンクをマウスで左ダブルクリックするとそのリンク先のページにウィンドウの表示が変わってしまいます。元のページを表示したまま、 リンク先のページを新しいウィンドウで表示させるには、ハイパーリンクをマウスで右クリックして図のようなメニューを出し、「新しいウィンドウで開く」を選ん でください。
 
 
 
 
 

他人が作った画像データを利用するには

ホームページには自分で作った画像データのみならず他人の作った画像データも容易に貼り付けることが出来ますが、その際には守るべきルールがあります。
ホームページはインターネットの性格上、不特定多数の人が閲覧する事が可能なので、

画像データの作者の許可なしには自分のページに利用してはいけない

ということです。 著作権 を無視して無断で他人の画像データを使用した場合は、そのページを公開中止にし、インターネットリテラシーの単位も出せなくなります。場合によっては作者から訴えられるかもしれません。

もちろん電子メール等で作者の許可が得られれば、利用は構いませんし、また、インターネット上には他人に使ってもらうことを前提にして画像データを公開している人もいます。

本学でも

  植田教授のイメージサンプル集 (10ページ程あります )

が利用できます。

学外では

などで探すとよい。
 
 
 

Netscapeで画像を保存する方法

(本学の画像データを除いて)他所にある使って良い画像データはそのまま画像ファイルの
URLをハイパーリンクするよりも、各人のWWWディレクトリにコピーした方がネットワーク に
負荷が掛からないのでそうすることを勧めます。

    1.まずマウスのポインタを保存したい絵の中に置きます。
    2.マウスの右ボタンを押すとメニューが出現するので マウスの右ボタンを押さえなが
      ら、「イメージを保存...」にマウスのポインタを持 ってきて離します。
    3.「ファイルの保存」ウィンドウが現れるので、「保存する場所」の右の三角ボタンをクックするとディレクトリの選択ができるので、「Z:」を選ぶ。
    4.ディレクトリ選択のウィンドウでフォルダを「www」にクリックして移動していく。
    5.ディレクトリ(www)もファイル名も問題ないのなら「保存」ボタンを押すと 保存されます。

 
 
 
 

学内の画像データを貼り付けるには

自分の作った画像データまたは自分のwwwディレクトリにコピーした画像を貼り付ける際には、「画像」ボタンで出る「画像のプロパティ」ウィンドウの「画像のURL」で ファイル名の前に付いているパス名 file:///Z:/www/ を消せばよかったわけですが、
  植田教授のイメージサンプル集 のように大学のwwwサーバーに既にある画像の場合は「画像のURL」で URLを指定してください。

ページの背景に壁紙を使用するには

  1. 自作または使用してよい他人の壁紙用の画像ファイルをwwwディレクトリに用意しておく。
  2. Composerの「書式」メニューから「ページの配色と背景」を選ぶ。
  3. ページの配色と背景 」ウィンドウが出るので「背景画像」の所の「ファイルを選択 」を押す。
  4. 「ファイルを選択」を押すと「画像ファイルを選択」ウィンドウが出るので「ファイルの場所」で、
  5. Z: ドライブのwww フォルダを選び、その中から用意された画像ファイルを選ぶ。
  6. ファイル名の前に付いているパス名 file:///Z:/www/ を消す。
  7. 「OK」を押す。



 
 
 
 
 
 

画像をハイパーリンクにするには

Composerでハイパーリンクを作りたい画像をマウスでクリックして選んでから、 「リンク」ボタンを押してハイパーリンク先のURLを指定すればよい。

 
 
 
 

Paint Shop Proでアイコンのような小さな画像を作るには

方法1
 
  1. 予め実寸大の小さなサイズのキャンバスで新規作成します。
  2. 左にあるツールバーからズーム を選んでキャンバスを右クリックすると拡大表示 されるのでそこで画像編集作業をします。
  3. 拡大表示されているので、ペン先の太さなどを細めにして作業をすると良い。
  4. 最後に ズーム を選んでキャンバスを左クリックして縮小表示で 実寸大にして確認する。
方法2
  1. 編集し易いよう適当なサイズのキャンパスで新規作成します。
  2. 保存する前に「イメージ」メニューの「 サイズ変更」で「パーセンテージ指定」を選んで必要なパーセンテージに縮小してから保存してください。
  3. この方法は、一旦作成した画像ファイルの縮小・拡大に使えます。

    今回の講義の目次に戻る  今回の「実習課題」