インターネット・リテラシー
 
 

今回はHTMLの応用としてテキストや背景の色をデフォルト(標準)の色から 変更する方法を学びましょう。

本文内のテキスト

 色を変えたい文字や文章を次のタグではさみます。
  <FONT COLOR=色の指定>文章</FONT>

色の指定方法

 色の指定方法は色の名称(英語名)で指定する方法と
#RRGGBB の16進数で の3原色を指定する方法があります。

 色の名称の代表的な例をあげると、

 Red(赤)
Green(緑色)
Blue(青色)
Black(黒色)
White(白)
Yellow(黄色)
Brown(茶色)
Aquamarine(アクアマリン)
Chocolate(チョコレート)
Cyan(シアン)
Dodgerblue(ドジャーブルー)
Gold(金色)
Gray(灰色)
Lime(ライム)
Maroon(栗色)
Olive(オリーブ色)
Orange(橙色)
Pink(桃色)
Purple(パープル)
Skyblue(空色)
Snow(雪色)
Tomato (トマト色)

更に詳しく色の名前と実際の色の見本、16進数での指定を調べるには
Apperson氏のカラーインデックスページ (http://www.infi.net/wwwimages/colorindex2.html)
を見てください。
RGBデータを16進数で与える方法を勉強したい人は http://www.wakhok.ac.jp/help/rgbcolor.html
を読んでください。


[例]

<FONT COLOR=Red>この行はRed(赤色)で表示されます。</FONT>

あるいは、

 <FONT COLOR=#FF0000>この行はRed(赤色)で表示されます。</FONT>
 

この行はRed(赤色)で表示されます。


背景色の変更

 背景色をデフォルト(標準)の色から変更するにはHTML文書の本文の先頭と最後に 次のタグを入れてください。
  <BODY BGCOLOR=色の指定>
 
  本文
  
  </BODY>

もう少し詳しく設定することもできます。
 
 
 <BODY BGCOLOR=背景色 TEXT=テキストの色
  LINK=新しいハイパーリンクの色 ALINK=クリックした瞬間の色
   VLINK=既に読んだことがあるページへのハイパーリンクを示す色>