第1回 データベースとSQL

はじめに

データベース

PostgreSQLのインストール

  1. Linuxでこの科目用のディレクトリ ~/SQL を作っておく
    mkdir SQL
  2. そこにPostgreSQLのソース・ファイルをコピー
    cd SQL
    cp ~sakamoto/archive/postgresql/postgresql-8.4.1.tar.gz .
  3. 解凍・展開する
    tar xfz postgresql-8.4.1.tar.gz
  4. postgresql-8.4.1というディレクトリが出来たのでそこに入ってconfigureを行う
    (ホームディレクトリのパス名は別の端末でpwdで確認)

    cd postgresql-8.4.1
    ./configure --prefix=ホームディレクトリのパス名/pgsql --without-readline
  5. makeする
    make install
  6. ~/pgsql 以下にインストールされているのを確認
    cd ~/pgsql
  7. 環境変数の設定
    export POSTGRES_HOME=~/pgsql
    export PATH=$POSTGRES_HOME/bin:"$PATH"
    export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
    export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
    export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
    export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"
  8. これらをLinixの初期化スクリプト( .bashrc)にも書き加 えておく
  9. データベースクラスタ(データベースの管理領域)の作成(一度だけ)
    initdb -D ~/pgsql/data
  10. データベースサーバの起動
    pg_ctl  -w start
  11. testデータベースの作成
    createdb test
  12. testデータベースに接続
    psql test
  13. 以下のメッセージが帰ってきてSQL文が入力出来るモードになる

    Welcome to psql, the PostgreSQL interactive terminal.

    Type:  \copyright for distribution terms
           \h for help with SQL commands
           \? for help on internal slash commands
           \g or terminate with semicolon to execute query
           \q to quit

    test=#
  14. test=# のあとに \q  を入れて接続を切る
  15. データベースサーバの終了(これを忘れると次回の起動がうまくいかない!)
    pg_ctl stop
  16. 何らかの理由でmakeからやり直す場合は、
    make clean
    をしてから 5.以降をやり直す。
  17. 半期の講義が履修し終わったら、 ~/SQL/postgresql-8.4.1 ディレクトリを削除しておく。