2 PostgreSQLの基本的な使い方(概要)

SQLとは

SQL(Structured Query Language)  リレーショナルデータベースに対する構造化問合せ言語。ANSI,ISO,JISなどで標準化されている。

SQLでできること

4種類に分類されている
  1. データ検索
  2. DML(Data Manipulation Language)  データ操作文
  3. DDL(Data Definition Language) データ定義文
  4. トランザクション制御

環境設定

.bashrc  あるいは.profile に以下の行を追加しておくと、便利である。
(第1回の時に作業が済んでいればあらためて設定する必要はない)
export POSTGRES_HOME=~/pgsql
export PATH=$POSTGRES_HOME/bin:"$PATH"
export PGLIB=$POSTGRES_HOME/lib
export PGDATA=$POSTGRES_HOME/data
export MANPATH="$MANPATH":$POSTGRES_HOME/man
export LD_LIBRARY_PATH="$LD_LIBRARY_PATH":"$PGLIB"
ログイン時に有効になる。

起動  と クライアントの接続

  1. 既にデータベースクラスタが作られていることを前提にする
  2. pg_ctl  -w start でサーバー起動 
  3. もし、作成済みのデータベース名が判らないときは
    psql   -l
    で一覧表示
  4. psql test で前回作ったtestデータベースに接続     psql  データベース名

テーブルの作成

test=# プロンプトに対して(このモードではSQLコマンドは;セミコロンで 区切る)

CREATE  TABLE   item (name TEXT,  price INTEGER);

データ登録

INSERT  INTO  item VALUES ('鉛筆' ,  100);

INSERT  INTO  item VALUES ('消しゴム' ,  50);

INSERT  INTO  item VALUES ('筆箱' ,  450);

データ表示

SELECT *  FROM  item;

SELECT name  FROM  item;

SELECT price,name  FROM  item;

更新

UPDATE item SET price = price -10 WHERE name = '鉛筆';

レコードの削除

DELETE FROM item WHERE name = '鉛筆';

テーブルの消去

DROP TABLE item;

データベースとの接続を切る

test=# プロンプトに対して

\q

サーバーの停止


pg_ctl stop

便利な\コマンド

psql で接続中の\モードで使用