パッケージの読込み

『見る微分積分学』のサンプルをMathematicaで試す時、各章のSec.毎に、そのSec. 特有のMathematicaの関数群を呼び出すためのパッケージを読込む必要があります。
  1. 例えば 第5章 Sec.1 のサンプルをMathematicaで実行する前に以下のようにしてパッケージを読込み(ロードし)ます。
  2. << /usr/local/mathematica/AddOns/ExtraPackages/MiruBiseki/Chap5-1.m
  3. パッケージはMathematicaを起動する毎にロードする必要があります。
  4. パッケージは通常数Sec.毎に異なります。例えば第5章 Sec.1 〜2はChap5-1.m  Sec.3 〜5はChap5-3.m です。
Chap1-1.m  Chap1-2.m  Chap1-3.m  Chap1-5.m  
Chap2-1.m  Chap2-2.m  Chap2-3.m  Chap2-5.m  
Chap3-5.m  
Chap5-1.m  Chap5-3.m