著書・論文・など


2001年

著   作

  ● 『新・市民社会論』風行社2001年2月

論説等
 ● 「ワークシェアリングと自由時間の政治哲学」週刊『図書新聞』2月10日
     書評(ドミニク・メーダ『労働社会の終焉-経済学に挑む政治哲学-』法政大学出版局)

2000年

著   作

    ●『情報メディア論』八千代出版
    ● 『新マルクス学事典』弘文堂
 

 −論説等
    ●「21世紀資本主義と新しいライフスタイル」季刊雑誌『アソシエ』4号

1999年

論説等
    ●「労働社会から市民社会へ」『稚内北星学園大学紀要』12号
    ●「20世紀資本主義を超える新しい社会形成をめざして」週間『図書新聞』7月3日
        書評(高橋洋児・石塚良次『2001年の事始め』実践社)
    ●「多元的市民社会の世紀へ」季刊雑誌『カオスとロゴス』14号
       書評(斉藤日出治『国家を越える市民社会』現代企画室)
    ●「人間らしさ、自分らしさを生かせる働き方と暮らし方」『WORK』No.35(名古屋市勤労女性センター)

1998年

 −著   作
    ●『復権する市民社会論』(共著)日本評論社

1997年

 −著   作
    ●『裸になったサラリーマン』(単著)現代企画室

 −論説等
    ●「労働のトランス・ジェンダーな地平へ」雑誌『Fifty:Fifty』35号
    ●「変化する女性労働」名古屋市イーブネットフォーラム’97報告

1990年代前半

 −論説等
    ●「カジノ資本主義を越えて」『中法論叢』6号    (1995年 )
    ●「転機の日本経済」『中法論叢』5号              (1994年 )

1980年代

 −著   作
    ●『政治経済学の古典的系譜』(共著)三嶺書房 (1988年)
    ●『現代市民社会の旋回』(共著)昭和堂           (1987年 )
    ●『経済原論』(共著)青林書院新社                 (1983年)

 −論説等
    ●「剰余価値論の物象化論的アプローチ」名古屋人文科学研究会『年報』8号(1981年 )
    ●「リカードの生産資本循環視座と価値の理論」名古屋大学経済学会『経済科学』31巻(1984年)


[戻る]