環境・都市情報系

Endo

環境系の資格と対応する講義について

環境系の資格 環境社会検定試験(eco検定)

1)資格試験の説明(詳細は、東京商工会議所の eco検定 のページを参照のこと)

 (1) 資格の実施機関 商工会議所による試験

 (2) eco検定

    環境に対する幅広い知識をもち、社会の中で率先して環境問題に取り組む

   「人づくり」、そして環境と経済を両立させた「持続可能な社会」を目指す

   のが「環境社会検定試験(eco検定)」です.

 (3) eco検定取得の意義

  ・学生の方

     環境保全に取り組んでいる企業・団体などへの就職活動のアピール材料

    になります.知識の幅を拡げ、国際的な視野でこれからの社会の姿を考え

    られるようになります.

  ・企業にお勤めの方

     企業の社会的責任(CSR)対応や今後の環境ビジネスの展開に向けて、

    知識を活用できるようになります.また、取得する社員が増えることで、

    企業のイメージアップにもつながります.ISO取得後の継続学習の一環

    として、社員の意識改革や自己啓発にも役立てられます.

 (4) 試験要項

  ・受験資格 学歴・年齢・性別・国籍による制限はありません.

  ・試験日時(2017年度)

    第22回 723()13:30-15:30 申込登録期間59()-69()

    第23回 1217()13:30-15:30 申込登録期間103()-112()

  ・受験料 5,400円(消費税込み)

  ・試験地 全国各地 稚内市の近くでは札幌市(参考 稚内-札幌 間の交通アクセス

 (5) 合格基準 合格 70点以上/100 満点

    出題は、マークシート形式による選択問題.

 (6) ほか、 eco検定 のページで確認できる事項

  ・合格者の声 一般,大学生

  ・推薦の声 企業,大学

  ・受験者データ

    2016年度 合格率70.7%(合格者15,210人/実受験者21,504人)

    受験者の業種

  ・試験問題例,テキスト

 

2)eco検定合格者「エコピープル」(詳細は、 エコピープル のページを参照のこと)

  ・受験者数順調に伸ばす「eco検定」教育ツールとして生かす企業増加

    例)バンダイ,三井不動産グループのビルメンテナンス会社,東京電力の支社

   (eco検定に関する雑誌(日経エコロジー20093月号)記事の紹介

 

3)対応する科目(履修した方が良い科目)

 ● 地球環境と人間活動

 ● 環境とエネルギー

 ● 環境社会学

 ● 環境経済学

 ● 環境政策論

 ● 環境マネジメント

 

4)環境系資格等の(講義を履修できない場合の試験対策を含む)相談担当 遠藤

 電子メールによる問い合わせ可(アドレスはLMSで確認できます).

 

Last modified on 1 May 2017 (Mon.)