マルチメディア実習 第9回

WWWサーバーを動かそう(1)

最近では多くの企業が WWWサーバーのサービスを提供するようになりました。 WWWサーバーの管理を練習しましょう。

準備:1

あなたのホームディレクトリの絶対パス名を調べておきなさい。

準備:2

wwwディレクトリに移動し、その中にさらに server という名前の ディレクトリを新しく作りなさい。

準備:3

serverディレクトリに移動し、その中にさらに logs という名前の ディレクトリを新しく作りなさい。

準備:4

ディレクトリ logs の所有者とグループ ID を調べておきなさい。 (所有者はあなたのはずです。)

準備:5

/home/www/httpd.conf というファイルをコピーしなさい。 (~/www/server ディレクトリに)

準備:6

httpd というプログラムが既に動いていないか確かめてください。 もし前の実習のクラスの人が後始末をしていない時は先生を呼んでください。

課題:1

httpd.conf の内容の設定の必要な部分を 講義で解説したように編集し直しなさい。(viで)

課題:2

今日の実習では httpd(WWWサーバーのプログラム)をあらかじめ配っておきました。 次のようにして、httpd.conf ファイルを自分の設定したファイルとして httpdを起動しなさい。


/home/www/httpd_3.0  -r  /home/net/www1/star/arie/www/server/httpd.conf

課題:3

Netscape を起動しなさい。 次のように自分のマシン名とポート番号 8080 を指定して、 ページを呼び出してみなさい。


http://ewsa1.wakhok.ac.jp:8080/~arie/

課題:4

ディレクトリ www/sever/logs に移動して、 そこにログファイル(アクセスの記録)が残っていることを確認してください。 次のようにすると、ページにアクセスするたびにログが追加されるのを 調べることもできます。


tail  -f  access_log.Jun1796

課題:5

他の人のマシンのサーバにもアクセスしてみてください。 マシン名を調べて直接 URL を指定します。

課題:6

最後に必ず httpd のプロセスを ps コマンドでチェックし、 kill コマンドで停止させてください。


ps  -ef  |  grep  httpd
kill  -9  ??????

課題:6

余裕のある人は httpd.conf の内容を調整し直して、 サーバーの働きがどう変わるか調べてください。


実習の目次  今週の講義の内容