マルチメディア・プログラミング実習 第6回

スレッドを利用した処理

スレッドを使って時計や簡単なアニメーションのプログラムを練習してみます。
準備:

いつものようにディレクトリ www の下のディレクトリ javaに移動しなさい。
アニメーションで利用する左の画像データのファイルをコピーしてください。 学内の人は以下のように先生のディレクトリからコピーできます。


 cp  ~tatsuo/myphoto.gif  .


基本課題:1

「時計のアプレット」

  1. 時刻を表示するアプレットを作ります。 アプレットのソース・プログラム Clock.java を作成しなさい(教科書 P.97)。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル Clock.html を作成しなさい(教科書 P.98)。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:2

「簡単なアニメーションのアプレット」

  1. イメージを左から右へ移動しながら表示するアプレット のソース・プログラム SlideImage.java を作成しなさい(教科書 P.106)。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル SlideImage.html を作成しなさい(教科書 P.107)。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:3

「ちらつきの解消」

  1. 上のアプレットの改良版のソース・プログラム SlideImage2.java を作成しなさい(教科書 P.108)。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル SlideImage2.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

応用課題:1

「自分で作成した画像データを表示」

Xpaint などのツールで適当な GIF形式の画像データを作成しなさい。 基本課題3:のHTMLファイルの中で そのデータを指定し、表示させてみなさい。 (HTMLファイルのファイル名は SlideImage2.html のままでよい。)

応用課題:2

「画像の移動の方向を変える」

基本課題3:のプログラムを改造し、 画像が下から上へ動くようにしなさい。 新しいプログラムのクラス名は SlideImage3 とし、 適当なHTMLファイルを作成して確認してください。

応用課題:3

「2つの画像を表示する」

基本課題3:のプログラムを改造し、 2つ画像データを読み込み、それらが交互に出現するようにしなさい。 (2つの画像のサイズは同じものを用意するといいでしょう。) 新しいプログラムのクラス名は SlideImage4 とし、 適当なHTMLファイルを作成して確認してください。


実習の目次  今週の講義の内容