マルチメディア・プログラミング実習 第8回

イベント処理(JDK1.1のモデル)

JDK1.1 の新しいイベントモデルに基づいて ユーザーからの入力を処理する練習をします。
JDK1.0 に基づいたサンプル と比較してみてください。
準備:

本日の課題は JDK1.1 がインストールされたマシンでないと実行できません。 注意してください。(3階か4階の実習室のマシンを使用すること)
いつものようにディレクトリ www の下のディレクトリ javaに移動しなさい。


基本課題:1

「マウスの出入りを感知するアプレット」

  1. マウスの出入りを感知するアプレットを作ります。 アプレットのソース・プログラム RevName11.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル RevName11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:2

「キー入力を受け付けるアプレット」

  1. キー入力を受け付けるアプレットのソース・プログラム KeyTest11.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル KeyTest11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:3

「マウスの操作で絵を描くアプレット」

  1. マウスの操作で絵を描くアプレットのソース・プログラム Paper11.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル Paper11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

応用課題:1

「マウスのボタンのイベントを検出する」

基本課題1:のプログラムを改造し、マウスの出入りではなく マウスボタンを押すと色が反転し、放すと元に戻るようにしなさい。 また、背景色や文字の色を自分の好きな色にしてみなさい。 クラス名は RevName112 とし、適当な HTMLファイルを作成して 確認しなさい。

応用課題:2

「キー入力によるコマンド」

基本課題3:のプログラムを改造し、 キー入力のイベントでコントロールできるように機能を追加してみなさい。 たとえば、"c" のキーを押すと絵がクリアされる。 r,g,b, などのキーを押すと線の色が赤、緑、青などに切り替わるなど。 クラス名は KeyPaper11 とし、適当な HTMLファイルを作成して 確認しなさい。
ヒント:


実習の目次  今週の講義の内容