・   「Java言語」 第13回

Bean による GUIの構築

前回に引き続き、 SUN が教育機関に無償でライセンスを提供している Java WorkShop 2.0 を利用して、アプリケーション開発を行います。
今回は Beanを部品として GUIを構築します。 すべての Beanは開発の部品のクラスとしてツールの中に組み込むことができます。


ポイント
・ 大規模なアプリケーションの開発と Beanの階層
・ Java WorkShop 2.0 での Beanの扱い
・ 応用:ツールへの Beanコンポーネントの組み込み

「講義の目次」のページ   「実習課題」