・   「Java言語」 第3回

オブジェクトの生成

Javaのようなオブジェクト指向言語では、 データの大半は「オブジェクト」という形でプログラムの中に現れます。 オブジェクトとクラスの関係、 オブジェクトの生成と取り扱い、 コンストラクタの役割について解説しましょう。
また Javaのシステム(仮想マシン)が、 どのようにしてオブジェクトを管理しているかにも触れましょう。 この仕組みは、Javaのプログラムの記述方法にも影響を持つことなので、 しっかり理解しておく必要があります。


ポイント
・ クラスとオブジェクトの関係
・ オブジェクトの生成とコンストラクタ
・ オブジェクトのメンバーへのアクセス
・ メンバーの static宣言の意味
・ 仮想マシン内のデータの管理
・ 参考:Javaの文法のまとめ

「講義の目次」のページ   「実習課題」