・   「Java言語」 第5回

グラフィックスの表示

今回から GUIベースのウィンドウ・アプリケーションを開発するための 実践的な内容に入ります。 その第一歩として、グラフィックスの機能を提供する基本的なクラスと、 表示を行うための手順について解説します。
java.awt パッケージと Graphics, Color, Font, Imageの諸クラスと、 ウィンドウを提供するコンポーネントのクラスを利用します。 またグラフィックスの表示が、 ウィンドウ・プログラミング特有のスタイルで行われる点にも注意が必要です。
今回は、JDK1.0 から提供されている基本的な機能を中心に解説します。 JDK1.2 から拡張されたグラフィックス機能については、 次回以降にあらためて解説します。


ポイント
・ AWT とは?
・ 基本となる機能を提供するクラス
・ ウィンドウ・システムにおける描画
・ イメージの読み込みと描画のタイミング
・ 参考:

「講義の目次」のページ   「実習課題」