JDK 1.2 のパッケージ

JDK(Java Development Kit) は Javaの標準のクラスライブラリを提供します。 JDk1.2 RC2 で提供されているクラスライブラリの 各パッケージの概要を紹介します。 (1998年11月現在)


・ java.* の 12個のパッケージは JDK1.1 と同じ個数です。 しかし java.awtを中心にサブパッケージが大幅に拡張され、 以下の 57個のパッケージ(サブパッケージも含む)が提供されています。 JDK1.1 から引き続き存在しているものは、そのうち 22個にすぎません。 また、それらのいくつかにも新しいクラスの追加が行われています。
Swing関連のパッケージはβ版の中で名称がしばしば変更されましたが、 最終的には javax.以下に落ちつきました。 javax の下には、Swing関連の他 accessibilityのパッケージも含まれています。
以下に示すのは公式の APIのドキュメントに含まれているもののみです。 その他にも現在配布されている クラスライブラリに含まれているパッケージが存在します。 java.awt.peer, com.sun.java.swing.plf.motif, com.sun.image.codec, org.omg.CosNaming.NamingContextPackageなどです。 これらのパッケージは過去のバージョンとの互換性のためだけに存在したり、 配布の際のライセンスの問題などの理由から公式にアナウンスされている パッケージとは別の扱いになっているようです。

JDK1.2 RC2 のパッケージ一覧