・   「Java言語」実習 第2回

Javaのプログラムの構造

Javaのプログラムの構造と基本的な文法を学びます。


・ 準備(学内向け):
各自のJavaの課題の作業用のディレクトリ ~/java に移動しなさいなさい。 その中で以下の作業を行いなさい。


・ 基本課題1:「フィールドのデータの利用」
フィールドとしてデータを宣言し、それを利用する練習です。

  1. ソースファイル RepeatMessage.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
    
    javac  RepeatMessage.java
    
    
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
    
    java  RepeatMessage
    
    

・ 基本課題2:「メソッドの定義と呼び出し(1)」
クラスの内部に複数のメソッドを定義し、 それらを呼び出してみましょう。

  1. ソースファイル ShowVersion.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

・ 基本課題3:「メソッドの定義と呼び出し(2)」
JDKが提供するいろいろなクラスのメソッドも利用してみましょう。

  1. ソースファイル GoodMorning.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

・ 基本課題4:「メソッドの定義と呼び出し(3)」
今度は少し複雑な計算の処理を行なうメソッドを定義してみましょう。

  1. ソースファイル Calculation.java (教科書 P.29-30)を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
  4. プログラムを 3の10乗の値と 300000 の後の最初の素数を 計算するように書き直しなさい。
  5. コンパイルし直し、実行しなさい。

・ 基本課題5:「innerクラスの定義」
クラスの中にさらに innerクラスを定義し、 そのメソッドを呼び出してみます。

  1. ソースファイル Zoo.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

・ 今週のレポート課題(学内用):
ここまでの課題が終わった人は、下記の項目を tatsuo宛のメール で報告しなさい。(Subjectは java2)

  1. 課題2:で調べた結果 JDKのバージョンは何でしたか?
  2. 課題3:のプログラムを現在実行した結果。
  3. 課題4:で計算した 3の10乗の値と、300000の後の最初の素数の値。
  4. 課題5:のプログラムをコンパイルした結果生成されたバイトコードのファイル名 (3個あるはずです)。

・ 応用課題1:「乱数の発生と利用」
Mathクラスの random()メソッドを用いると、 乱数を発生させることができます。 これを利用して繰り返しの回数を変化させてみましょう。

  1. 課題1のソースファイル RepeatMessage.java を改良 してください。(ソースファイル名は RepeatMessageのままでよい)
  2. コンパイルをしなさい。
  3. プログラムを実行してみなさい。 (何回か繰り返し、結果がそのたびに変わることを確認すること)

・ 応用課題2:「コマンド引数を数値として処理する」
コマンドラインから数値を受け取り、 繰り返しの回数をコントロールしてみましょう。 文字列を数値に変換する部分で少し工夫が必要です。 Integerクラスの parseInt()メソッドを利用します。

  1. 課題1のソースファイル RepeatMessage.java を改良 してください。(ソースファイル名は RepeatMessageのままでよい)
  2. コンパイルをしなさい。
  3. 数値のコマンド引数を与えてプログラムを実行してみなさい。
    
    java  RepeatMessage  20
    
    

実習の目次   今週の講義の内容