Xウィンドウ実習 第2回

 Applet のクラスを用意する

Applet の本体はどこにあるのでしょうか? Applet の管理を練習します。


準備:1

ディレクトリ www の中の hotjava に移動しなさい。
さらにその下に classesanime という名前の 2つの新しいディレクトリを作りなさい。

準備:2

今作ったディレクトリ classes の中にに移動しなさい。
ここに、先生のディレクトリから Applet のソース・ファイルを コピーしてください。


  cp  ~tatsuo/MoveAnime.java  .
  cp  ~tatsuo/HandBell.java  .
  cp  ~tatsuo/BeatingMessage.java  .
  cp  ~tatsuo/FlipFlop.java  .

準備:3

上の4つのソース・ファイルを javac でコンパイル
注意!!
javac は oldjavac にしてください。

しなさい。
新しいファイルが作られたのを確認すること。

準備:4

別のシェル・ウィンドウからコマンド hotjava で HotJava を起動しなさい。
このコマンドはどのディレクトリを移動しないで実行してかまいません。
HotJavaが立ち上がったら、次の URL を入力してこのページを出しなさい。

http://www.wakhok.ac.jp/~tatsuo/kouki95/2shuu/jisshuu.html

課題:1

Applet を使うページを HTMLで作ってみましょう。
サンプル applet4.html をディレクトリ hotjava 内に作り、URLを打ち込んで確認しなさい。

http://www.wakhok.ac.jp/~gakuesi6/hotjava/applet4.html

課題:2

今日作ったディレクトリ anime に移動しなさい。 xpaint を使ってアニメーションのデータを自作しなさい。 画像データのファイルの保存方法は 別紙 を参照してください。
適当なデータが完成したら、MoveAnime アプレットのデータに使ってみなさい。 ディレクトリ hotjava に戻り、 新しいページ applet5.html を作って確認しなさい。
ヒント: 課題:3 前期に作った皆さんのホームページ ~/www/welcome.html を hotjava のディレクトリにコピーしなさい。
画像の部分を Applet でアニメーションにしたり、 新しく飾りの Applet を追加したりして、 ページを「パワー・アップ」してください。

課題:4

上の HotJava のためのページを、 本来のホームページから呼び出せるように ハイパーリンクを作っておきなさい。
(「HotJavaで見て」などのように親切なメッセージを添えること)


実習の目次  今週の講義の内容