Xウィンドウ実習 第3回

Java言語で Appletを作る

いよいよ今週から Java言語によるプログラミングを始めます。


準備:1

ディレクトリ www の中の hotjava 中の classes に移動しなさい。
(ディレクトリがない人は新しく作ること)

準備:2

別のシェル・ウィンドウからコマンド hotjava で HotJava を起動しなさい。
このコマンドはどのディレクトリを移動しないで実行してかまいません。
HotJavaが立ち上がったら、次の URL を入力してこのページを出しなさい。

http://www.wakhok.ac.jp/~tatsuo/kouki95/3shuu/jisshuu.html

課題:1

Applet を作る Java言語のプログラム Separater.java を作り、 javac でコンパイルしなさい。

注意!! javac は oldjavac にしてください。

(もし、このプログラムでエラーを出すようなら、 コンピュータの勉強はあきらめた方がいいかもしれません。)

課題:2

1つ上のディレクトリ( ~/www/hotjava )に戻りなさい。
上の課題で作成した Applet を使う サンプル applet6.html を作ってみましょう。URLを打ち込んで確認すること。

http://www.wakhok.ac.jp/~gakuesi6/hotjava/applet6.html

課題:3

ディレクトリ classes に移動しなさい。
Applet を作る Java言語のプログラム Space.java を作り、 javac でコンパイルしなさい。
(このプログラムでエラーを出すようなら、 あまりプログラマーには向いていない人だと思います。)

課題:4

1つ上のディレクトリ( ~/www/hotjava )に戻りなさい。
上の課題で作成した Applet を使う サンプル applet7.html を作ってみましょう。URLを打ち込んで確認すること。

課題:5

ディレクトリ classes に移動しなさい。
Applet を作る Java言語のプログラム Hellow.java を作り、 javac でコンパイルしなさい。

課題:6

1つ上のディレクトリ( ~/www/hotjava )に戻りなさい。
上の課題で作成した Applet を使う サンプル applet8.html を作ってみましょう。URLを打ち込んで確認すること。

課題:7

ディレクトリ classes に移動しなさい。
Applet を作る Java言語のプログラム Message.java を作り、 javac でコンパイルしなさい。

課題:8

1つ上のディレクトリ( ~/www/hotjava )に戻りなさい。
上の課題で作成した Applet を使う サンプル applet9.html を作ってみましょう。URLを打ち込んで確認すること。

課題:9

ディレクトリ classes に移動しなさい。
Applet を作る Java言語のプログラム MyName.java を作りなさい。 ただし、表示される文字列はあなたの名前にしてください。 javac でコンパイルしなさい。

課題:10

1つ上のディレクトリ( ~/www/hotjava )に戻りなさい。
上の課題で作成した Applet を使う サンプル applet10.html を作ってみましょう。URLを打ち込んで確認すること。

応用:

ディレクトリ classes に移動しなさい。
上の MyName Applet の色やフォントを自分の好みに改造しなさい。 javac でコンパイルし直して、その変化を確認してください。


実習の目次  今週の講義の内容