JDK1.1 のレイアウトと JavaBeans

JDK1.1 でのレイアウトの取り扱いと JavaBeans について説明します。
JDK1.1 のレイアウトに関する部分は JDK 1.02 から変化はありません。 レイアウトのポリシーを決めるクラスの存在も Containerのレイアウトをコントロールする方法も JDK1.02 と全く同じです。
 しかし、今後の Java言語によるアプリケーション開発では、 レイアウトの取り扱いが大きく変わることになるでしょう。 レイアウトの設計は GUI ベースの開発ツールによって行われるのが 普通になるからです。 ごく小規模のアプレットを除けば、コンポーネントのレイアウトを エディターによって直接コーディングすることはなくなると思われます。 もちろん、JDKの awt におけるレイアウトの仕組みは知っておくべきですが、 その細部をいちいち意識してプログラミングすることは少なくなるに違い ありません。

開発ツールを利用したアプリケーション開発は既に始まっていますが、 それによって新たな問題が生じる可能性があります。 ユーザーインターフェイスを担当するコンポーネントのデザインや レイアウトの方針などは、開発ツールに大きく依存する傾向があるからです。 特にクラスの再利用の観点から見ると、 特定の開発ツールでしか利用できないクラスが生じてしまうのは好ましいこと ではありません。 かといって、特定の開発ツールを標準として固定化してしまうのも困難ですし、 自由度を減らす結果になります。
 そこで登場してきたのが Java Beans のプロジェクトです。 Java Beans は従来の awt コンポーネントをより抽象的に 取り扱う新しい標準規格を作ろうとしています。 その規格に沿って新しいクラスを設計することを共通のルールとし、 開発ツール間の互換性を保つのが目的です。 そのカバーする範囲は、コンポーネントのデザイン、レイアウト、そして イベント処理の扱いなど広い範囲に及ぶことになります。 JDK1.1 の java.awt パッケージも、Java Beans の規格に対応する機能を 提供する方向に拡張される予定です。