Xウィンドウ実習 第4回

ユーザーからの入力を処理する

ユーザーがマウスやキーボードの入力によって操作できるアプレットを 設計してみましょう。

準備:

ディレクトリ www の中のディレクトリ javaに移動しなさい。


基本課題:1

「マウスカーソルの出入りをチェックする」

  1. ソース・プログラム MouseTest.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルしなさい。

  3. HTMLファイル MouseTest.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:2

「キー入力をチェックする」

  1. ソース・プログラム KeyTest.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル KeyTest.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:3

「ダブルクリックを検出する」

  1. ソース・プログラム ClikTest.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル ClikTest.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:4

「マウスのドラッグの検出(マウスで絵を描く)」

  1. ソース・プログラム Paper.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル Paper.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。


応用課題:1

基本課題4: のプログラムを書き直して、 新しい機能をつけ加えてみましょう。 ダブルクリックすると、それまで描かれていた絵がクリアされるようにしてください。 クラス名(ソースファイル名)は Paperのままでかまいません。
(ヒント:paint()メソッドを呼び出せば絵はクリアされます。)

応用課題:2

基本課題4: のプログラムを書き直して、 さらに新しい機能をつけ加えてみましょう。 CtrlキーあるいはShiftキーを押しながらドラッグすると、 描かれる色が変わるようにしなさい。 クラス名(ソースファイル名)は Paperのままでかまいません。
(ヒント: 色を記憶する変数を1つ用意する必要があります。 CtrlキーやShiftキーが押されているかどうかは、 Event のオブジェクトの controlDown() あるいは shiftDown()メソッド で調べることができます。 )

応用課題:3

「キーでキャラクターの移動」

基本課題2: のプログラムを参考にして、以下のような動きをする アプレットを設計しなさい。


基本課題の確認:   基本課題1:   基本課題2:   基本課題3:   基本課題4:
実習の目次  今週の講義の内容