Xウィンドウ実習 第5回

アプレットの絵を動かす

アプレットに描く図形や文字を動かしてみましょう。 そのためにスレッドの操作と Threadクラスが必要になります。

準備:

ディレクトリ www の中のディレクトリ javaに移動しなさい。 今日の課題では、イメージのデータファイルをあらかじめ用意しておく 必要があります。 Netscapeの画像保存の機能を使うか、あるいは 以下のようにして先生のディレクトリからコピーしてください。


cp  ~tatsuo/java.gif  .
cp  ~tatsuo/coffee.gif  .


基本課題:1

「カラータイマー」

  1. ソース・プログラム ColorTimer.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル ColorTimer.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:2

「図形を繰り返し描く」

  1. ソース・プログラム MovePattern.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルしなさい。

  3. HTMLファイル MovePattern.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:3

「複数のイメージを切り替えて表示する」

  1. ソース・プログラム FlipFlop.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル FlipFlop.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。


応用課題:1

基本課題3: が呼び出すイメージのデータや個数を、 HTMLファイルのパラメータによっていろいろ指定してみなさい。

応用課題:2

基本課題2: のプログラムを書き直して、 自分のデザインした表示を行うアプレットに改造しなさい。 可能ならば、 表示のスピード、色やサイズなどをパラメータによって 指定できるように工夫してください。
クラス名(ソースファイル名)はそのままでかまいません。

応用課題:3

基本課題3: のプログラムを書き直して、 横方向だけでなく上下方向に回転するように改造しなさい。 さらに、可能ならば横方向、上下方向のどちらにも対応し、 適当な名前のパラメータによって選択できるようにしなさい。
クラス名(ソースファイル名)はそのままでかまいません。


基本課題の確認:   基本課題1:   基本課題2:   基本課題3:  
実習の目次  今週の講義の内容