Xウィンドウ実習 第9回

ボタンや入力アイテムを使う(1)

JDKのawtパッケージには、ユーザーインターフェイスを構築するための 部品として各種の部品のクラスが用意されています。 その活用法を練習しましょう。

準備:

ディレクトリ www の中のディレクトリ javaに移動しなさい。

基本課題:1

「Button と TextField の生成」

  1. ソース・プログラム TestPanel.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドで TestPanel.java をコンパイルしなしさい。

  3. HTMLファイル TestPanel.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:2

「利用可能なコンポーネントの一覧」

  1. ソース・プログラム Samples.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドで Samples.java をコンパイルしなしさい。

  3. HTMLファイル Samples.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。

基本課題:3

「ボタンの色やフォントを設定する」

  1. ソース・プログラム ColorButtons.java を作成しなさい。

  2. javac コマンドでコンパイルを実行しなしさい。

  3. HTMLファイル ColorButtons.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer もしくは Netscapeブラウザで HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。


応用課題:1

基本課題:3 の プログラムを書き直して、 ボタンの色やフォントをいろいろ設定してみなさい。

応用課題:2

基本課題:3 の プログラムを書き直して、 Buttonクラス以外のコンポーネントを生成して、 その色やフォントを設定してみなさい。


基本課題の確認:   基本課題1:   基本課題2:   基本課題3:  
実習の目次  今週の講義の内容