マルチメディア・プログラミング実習 後期 第4回

コンポーネントのアクション処理(JDK1.1)

コンポーネントのアクション処理の練習をします。 今回は JDK1.1のモデルを取り扱います。
準備:

ディレクトリ www の下の java2 に移動しなさい。


基本課題1:

「アプレットでアクションを一括処理」

  1. アクション処理の最初の例として、アプレットの中でアクション処理を行ってみます。 Buttonで発生したアクションイベントを処理するために ActionListenerを実装します。
    ソース・プログラム ActionTest11.java を作成してください。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル ActionTest11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。 また、アクション処理がきちんと機能していることも必ず確認すること。

基本課題2:

「アクション処理を行うアダプタのクラス」

  1. JDK1.1 ではイベント処理専用のクラスを設計することができます。 これらのクラスは Adapterと呼ばれます。Adapterは必ず Listenerを実装します。
    ソース・プログラム ButtonControl11.java を作成してください。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。 このサンプルでは3つのバイトコードが生成されるはずです。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル ButtonControl11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。 また、アクション処理がきちんと機能していることも必ず確認すること。

基本課題3:

「アプリケーションへの応用」

  1. 実際のアプリケーションでの応用を考えてみましょう。 ここでも、アクションとマウスのイベント処理を行う Adapterのクラスを利用します。 チェックボックスの操作で、絵を描くための色を切り替えるようにします。
    ソース・プログラム ColorPen11.java を作成してください。

  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。

  3. アプレットを呼び出す HTMLファイル ColorPen11.html を作成しなさい。

  4. Appletviewer に HTMLファイルの URL を指定して表示させてみなさい。 また、アクション処理がきちんと機能していることも必ず確認すること。

応用課題1:

「新しいコンポーネントを増やし、そのアクションも処理する」 基本課題1:のプログラムを改造して、選べる色のボタンを増やしなさい。 また、それに応じてアクション処理の内容も追加しなさい。 クラス名は ActionTest11のままでかまいません。
コンパイルし直して、実行結果を確認しなさい。

応用課題2:

「アクション処理を備えたクラスを作る」

基本課題2:のプログラムを改造して、 Buttonからのアクションでアプレットの色を変化させる処理も 独自のAdapterクラスで行いなさい。 新しいクラス名は ColorAdapterとしなさい (ActionListenerを実装します)。 アプレットのクラス名は ButtonControl112としなさい。
コンパイルし、適当な HTMLファイルも作成して、実行結果を確認しなさい。


実習の目次  今週の講義の内容