1998年度の講義内容の公開を始めました。 JDK1.2に対応しています。


この夏、涼しい北海道で Javaを勉強しませんか?


「マルチメディア・プログラミング」の後期の講義内容('97)



「マルチメディア・プログラミング(概論・実習)」は、 イントラネット時代のマルチメディア・アプリケーションの開発を 目標とし、そのための基礎技術を学びます。 開発言語はもちろん Java言語です。
前期の講座ではアプレットの作成を通じて Java言語の入門を行うと同時に、 グラフィックスやサウンドの操作、スレッドによるアニメーションなどを 学びました 。 後期は、JDK1.1 の機能を紹介しながら、 少し規模の大きなアプリケーションを開発します。 ネットワークを通じた対戦形式のゲームなどを題材に予定しています。

(本学の Java教育は 1995年度からスタートしています。 その 昨年度の講義録(1996) 最初の講義録(1995) もご覧ください。)

昨年度の講義録をまとめた教科書もあります (アスキーから発売中)。


「全体の講義一覧」  「大学のホームページ」

 「マルチメディア・プログラミング」の後期の講義内容

第1回:Component とそのサブクラス
java.awtパッケージの中のComponentクラスとそのサブクラスについて解説します。
第2回:Container とレイアウト
java.awtパッケージの中のContainerクラスと レイアウトのクラスについて解説します。
第3回:Componentのアクション処理(JDK1.0のモデル)
Componentのアクション処理について解説します。
第4回:Componentのアクション処理とAdapter(JDK1.1のモデル)
JDK1.1の新しいモデルによって Componentのアクション処理を行います。 処理を専門に担当する Adapterクラスについても解説します。

*基本パッケージ活用編
第5回:java.awt パッケージとその活用
java.awtパッケージを活用してウィンドウアプリケーションを 開発する方法ついて解説します。
第6回:java.lang パッケージとその活用
java.langパッケージと Javaのシステムの仕組みについて解説します。
第7回:java.io パッケージとその活用
java.ioパッケージを活用する方法ついて解説します。
第8回:java.io の Serialization,java.util パッケージとその活用
java.io の Serializationの機能、 java.utilパッケージを活用する方法ついて解説します。
第9回:国際化対応(java.util, java.text)
java.util, java.textパッケージを用いて国際化対応した アプリケーションを開発する方法について解説します。
第10回:java.net パッケージとその活用
java.netパッケージを活用する方法ついて解説します。

*アプリケーション開発編
第11回:パッケージとその活用
パッケージを定義し、アプリケーション開発に利用する方法ついて解説します。
第12回:クラスライブラリの作成と管理
開発されたアプリケーションもしくはクラスライブラリを 管理する方法、zipファイル、Jarファイルについて解説します。
第13回:Java Beansとは?
Javaによる開発の新しい標準である Java Beansについて解説します。

*補足
ここまで紹介しきれなかったことで、興味深い内容を補足します。

 「マルチメディア・プログラミング」の後期の実習課題

第1回:Component とそのサブクラス
Component を利用して、 アプリケーションのユーザーインターフェイスを設計してみましょう。
第2回:Container とレイアウト
java.awtに用意されたレイアウトのクラスを用いてレイアウトの練習をします。
第3回:Componentのアクション処理(JDK1.0のモデル)
Componentのアクション処理を練習します。
第4回:Componentのアクション処理とAdapter(JDK1.1のモデル)
JDK1.1の新しいモデルによって Componentのアクション処理を練習します。 Adapterクラスの設計も行います。

*基本パッケージ活用編
第5回:java.awt パッケージとその活用
java.awtパッケージを用いて、 ウィンドウ・アプリケーションの開発を練習します。
第6回:java.lang パッケージとその活用
java.langパッケージの Class,Thread,System 及び java.lang.reflectパッケージ など Javaのシステムに関連が深いクラスの取り扱いを練習をします。
第7回:java.io パッケージとその活用
java.ioパッケージを活用してファイル入出力の練習をします。
第8回:java.ioの Serialization,java.util パッケージとその活用
java.ioのSerialization、 java.utilパッケージの Vector,Propertiesなどのクラスの活用法を練習します。
第9回:国際化対応(java.util, java.text)
java.util, java.textパッケージを用いて国際化対応した アプリケーションを開発する練習をします。
第10回:java.net パッケージとその活用
java.netパッケージの Socketクラスを用いて、 TCP/IPの通信プログラムの練習をします。

*アプリケーション開発実践編
第11回:packageを定義したアプリケーション
packageを定義したアプリケーションの設計、 パッケージによるデータの隠蔽について練習します。
第12回:アーカイブ化したクラスライブラリ
パッケージを定義したアプリケーションのクラスを zip形式の アーカイブにまとめ、実際に利用してみます。
第13回:アプリケーションの Beans化
Beansの開発の練習をします。 プロパティエディタ、カスタマイザについても例を紹介します。


「全体の講義一覧」  「大学のホームページ」