・ 「マルチメディア・プログラミング」(2000年度) ・

・ この講義ではマルチメディア・ネットワーク上でのアプリケーション開発 を目標とします。 Java3D、VRMLを中心に取り扱います。 また仮想空間によるコミュニケーションの可能性についても論じます。 ・


Javaを基礎から学びたい方は 「Java言語 '99 講義録」 を参照してください。


・ 参考:
Java2のドキュメント(SUNのオンライン最新情報)|
| Java2 の日本語ドキュメント (学内専用) |
| JDK1.2 の APIドキュメント(日本語、学内専用)


・   「マルチメディア・プログラミング」の講義内容

・ 第1部: Java3D
・ 第1回:Java3Dの機構とシーングラフの設計
・ 第2回:ユーザとの対話的な処理
・ 第3回:さまざまな効果とLeafノード
・ 第2部: VRML(Virtual Reality Modeling Language)
・ VRMLについて('98年度「植田ゼミ」)

・   「マルチメディア・プログラミング」の実習課題

・ 第1部: Java3D
・ 第1回:Java3Dの機構とシーングラフの設計(4/21)
・ 第2回:階層構造を持つシーングラフの設計(4/28)
・ 第3回:ユーザの入力処理による操作(5/12)
・ 第4回:アニメーションの実現(5/19)
・ 第5回:モーフィングの実現(5/26)
・ 第6回:Fogの効果、音源の移動(6/16)
・ 第2部:VRML
・ 第7回:VRMLとJava3Dの比較(6/30)

「大学全体の講義一覧」    「大学のホームページ」

E-mail: tatsuo@wakhok.ac.jp