・   「プログラミング実習」 ガイダンス第3回

最初のJavaプログラム

最も単純な Javaのプログラムを紹介し、 その実行までの手順を練習します。 (このページの課題は学内向けのものです。)


・ 準備:
Linuxの環境でログインしなさい。


・ タイピング練習:

  1. 端末エミュレータ(kterm)の中から、 タイピング練習のプログラムを起動しなさい。
  2. 各自のペースで練習を行いなさい(15分程度)。

xtype


・ 基本課題1:「viの練習(1)」

  1. cd コマンドで前回作成した nyuumonディレクトリへ移動しなさい。
  2. cp コマンドで先生のディレクトリから練習用のファイル file3 をコピー してください。
  3. vi で file3 を開き、その中に指示された練習をしなさい。 (ヒント)
  4. 指示された練習ができたら結果を保存終了し、次の課題へ進みなさい。

cd  nyuumon
cp  ~tatsuo/file3  .
vi  file3

・ 基本課題2:「viの練習(2)」

  1. そのまま nyuumonディレクトリで作業を続けます。
  2. cp コマンドで先生のディレクトリから練習用のファイル file4 をコピー してください。
  3. vi で file4 を開き、指示された訂正を行いなさい。 (ヒント)
  4. 指示された練習ができたら結果を保存終了し、次の課題へ進みなさい。

cp  ~tatsuo/file4  .
vi  file4

・ 準備:

  1. いったんホームディレクトリに戻ります。
  2. ホームディレクトリの下に Javaの作業用のディレクトリ java を 作成してください。
  3. その中に移動しなさい。

cd
mkdir  java
cd  java

・ 基本課題3:「最初の Javaプログラムのエディット」

  1. プログラム Welcome.java を viエディタで作成しなさい(教科書 P.20)。
  2. プログラムが打ち込めたら、保存終了してください。

vi  Welcome.java

・ 基本課題4:「プログラムのコンパイル」

  1. javacコマンドでプログラムをコンパイルしなさい。
  2. lsコマンドでコンパイルの結果新しいファイルが 増えていることを確認しなさい。

javac  Welcome.java
ls

・ 基本課題5:「プログラムの実行」

  1. javaコマンドでプログラムを実行しなさい。
  2. どんな出力結果が得られたかを確認しなさい。

java  Welcome

・ 基本課題6:「繰り返し命令を含むプログラム」

  1. 繰り返し命令を含む プログラム Welcome10.java を viエディタで作成しなさい。
  2. javacコマンドでプログラムをコンパイルしなさい。
  3. javaコマンドでプログラムを実行しなさい。
  4. どんな出力結果が得られたかを確認しなさい。

vi  Welcome10.java
javac  Welcome10.java
java  Welcome10


・ メールによるレポート課題: (今週から全員必ず提出すること。)

  1. 課題4:でコンパイルを実行した後に、 新しく作られたファイルの名前を答えなさい。 tatsuo宛のメール で知らせてください。 件名(Subject)は program1

・ 応用課題:「プログラムの改造」

  1. 課題5:のプログラムを改造して、 メッセージの内容や繰り返しの回数を変えてみなさい。 クラス名は各自適当に考えなさい。

実習の目次   今週の講義の内容