・   「プログラミング実習」 ガイダンス第4回

アルゴリズムとメソッドの役割

複数のメソッドと「繰り返し」や「条件分岐」の構造について練習します。


・ 準備:
Linuxの環境でログインしなさい。 (この課題は学内向けのものです。)


・ タイピング練習: (この課題は学内向けのものです。)

  1. 端末エミュレータ(kterm)の中から、 タイピング練習のプログラムを起動しなさい。
  2. 各自のペースで練習を行いなさい(15分程度)。
  3. (今週の木曜日の2限目にviの操作の試験を行います。 3限目にタイピングの試験を行います。 )

xtype


・ 基本課題1:「viの練習(1)」 (この課題は学内向けのものです。)

  1. cd コマンドで前回作成した nyuumonディレクトリへ移動しなさい。
  2. cp コマンドで先生のディレクトリから練習用のファイル file5 をコピー してください。
  3. vi で file5 を開き、その中に指示された修正をしなさい。 (ヒント)
  4. 
    cd  nyuumon
    cp  ~tatsuo/file5  .
    vi  file5
    
    
  5. 指示された修正ができたら結果を指定されたファイル名で保存し、 vi を終了しなさい(file5の内容は元のまま)。 (ヒント)
  6. 保存されたソースファイルをコンパイルし、エラーがなくなったことを 確認しなさい。
  7. プログラムを実行し、出力結果を確認しなさい。

・ 基本課題2:「viの練習(2)」 (この課題は学内向けのものです。)

  1. そのまま nyuumonディレクトリで作業を続けます。
  2. cp コマンドで先生のディレクトリから練習用のファイル file6 と名簿ファイル st00.name をコピーしてください。
  3. vi で file6 を開き、指示された練習を行いなさい。 (ヒント)
  4. 
    cp  ~tatsuo/file6  .
    cp  ~tatsuo/st00.name  .
    vi  file6
    
    
  5. 指示された練習ができたら結果を保存終了し、次の課題へ進みなさい。

・ 準備:

  1. いったんホームディレクトリに戻ります。
  2. ホームディレクトリの下の Javaの作業用のディレクトリ java の中に移動しなさい。

cd
cd  java

・ 基本課題3:「メソッドの定義と呼び出し」
複数のメソッドを定義して、それを呼び出すプログラムです。 if文を用いた「条件分岐」も使用します。

  1. ソースファイル GoodMorning.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

vi  GoodMorning.java
javac  GoodMorning.java
java  GoodMorning

・ 基本課題4:「メソッドの定義と呼び出し(2)」
今度は少し複雑な計算の処理を行なうメソッドを定義してみましょう。

  1. ソースファイル Calculation.java (教科書 P.29-30)を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

vi  Calculation.java
javac  Calculation.java
java  Calculation


・ メールによるレポート課題: 以下の結果を tatsuo宛のメール で知らせてください。 件名(Subject)は program2 (全員必ず提出すること。)

  1. 課題3:のプログラムを実行した時刻と、実行した出力結果。
  2. 課題4:のプログラムを実行して得られた、 2の30乗の値と、100000の後の最初の素数の値。

・ 応用課題:「プログラムの処理の内容の変更」

  1. 課題4のプログラムを 3の10乗の値と 300000 の後の最初の素数を 計算するように書き直しなさい。
  2. コンパイルし直し、実行してみなさい。

実習の目次   今週の講義の内容