・   「Java活用編」 第3回

2-3: java.langとオブジェクトの管理

今回はJavaのシステムを取り扱うための java.langパッケージの働きを中心に、 Javaのシステムの仕組みとオブジェクトの取り扱いを学びます。 併せて Javaのプログラムの記述方法とその意味についてあらためて復習して みましょう。
また JDK1.1から追加された java.lang.reflect パッケージによる クラスの情報の取得方法と、 JDK1.2から新たに追加された java.lang.refパッケージによって提供される 「参照オブジェクト」とその利用方法についても解説します。
java.langパッケージには Systemおよび Runtimeという名前のクラスが 提供されています。これらのクラスを用いることで JVMの外部との やりとりも可能になります。


ポイント
・ クラスの情報の取得方法
・ GCと参照オブジェクト
・ システムをコントロールする

「講義の目次」のページ   「実習課題」