・   「Java活用編」 第4回

2-4: java.io とストリーム、ファイル

今回は入出力を取り扱うための java.ioパッケージの働きを学びます。
java.ioに含まれるクラスの大半は 入出力のための「ストリーム(Stream)」のクラスです。 その基本的な考え方と具体的なクラス群について解説します。 その上で実際の入出力の基本パターンをサンプルを通じて紹介しましょう。 また java.io にはストリームのクラス以外に、 ファイルシステムの管理や 「シリアライザビリティ(Serializability)」の機能を 提供するクラスが用意されています。それらについても解説します。


ポイント
・ ストリームとそのクラス
・ 入出力の実現
・ Fileクラスとファイルシステムの操作
・ オブジェクトの入出力と Serialization

*参考: 2年生オペレーティングシステム教材(藤木文彦先生)


「講義の目次」のページ   「実習課題」