・   「Java I実習」 第1回

1:最初のJavaプログラム

最も単純な Javaのプログラムを紹介し、 その実行までの手順を練習します。 (このページの課題は学内向けのものです。)


・ 準備1:
最初は Linuxの環境でログインしなさい。 講義で説明したウィンドウ環境のカスタマイズを適当に行ってください。

・ 準備2:作業用ディレクトリの準備

  1. ktermの端末エミュレータを開きなさい。
  2. ホームディレクトリの下に Javaの作業用のディレクトリ java を 作成してください。
  3. その中に移動しなさい。今後の Javaの実習課題は、このディレクトリの 下に作成してください。

mkdir  java
cd  java


・ 基本課題1:「最初の Javaプログラムのエディット」

  1. プログラム Welcome.java を viエディタで作成しなさい(教科書 P.20)。
  2. プログラムが打ち込めたら、保存終了してください。

vi  Welcome.java

・ 基本課題2:「プログラムのコンパイル」

  1. javacコマンドでプログラムをコンパイルしなさい。
  2. もしエラーメッセージが表示されたら、 基本課題1:に戻り、誤っている箇所を修正して保存終了しなさい。
  3. コンパイルが成功したならば、lsコマンドで新しいファイルが 増えていることを確認しなさい。

javac  Welcome.java
ls

・ 基本課題3:「プログラムの実行」

  1. javaコマンドでプログラムを実行しなさい。
  2. どんな出力結果が得られたかを確認しなさい。

java  Welcome

・ 基本課題4:「繰り返し命令を含むプログラム」

  1. 繰り返し命令を含む プログラム Welcome10.java を viエディタで作成しなさい。
  2. javacコマンドでプログラムをコンパイルしなさい。
  3. javaコマンドでプログラムを実行しなさい。
  4. どんな出力結果が得られたかを確認しなさい。

vi  Welcome10.java
javac  Welcome10.java
java  Welcome10

・ 基本課題5:「プログラムの改造」

  1. 課題4:のプログラムを改造して、 メッセージの内容や繰り返しの回数を変えてみなさい。 プログラム名(クラス名)は各自適当に新しいものを考えなさい。
・ 基本課題6:「異なるシステムでの実行」

  1. ログアウトしてシステムを再起動しなさい。今度は Windowsの システムに切り替えます。
  2. Cygwinの端末ウィンドウを開きなさい。 cd コマンドで javaディレクトリに移動しなさい。
  3. 先程作成した Welcome, Welcome10 のプログラムを実行してみなさい。
  4. コンパイルし直さなくても実行できることを確認しなさい。

・ メールによるレポート課題: (全員必ず提出すること。) tatsuo宛のメール で知らせてください。 件名(Subject)は program1

  1. 課題2:でコンパイルを実行した結果、 新しく生成されたファイルの名前を答えなさい。
  2. 課題5で作ったプログラムの中身。

・ 応用課題1:「他の言語との比較(1)」

  1. 基本課題1:と同じ働きをする perlのプログラム welcome.pl を作成しなさい。
  2. perlの場合はコンパイルの作業は不要です。そのまま実行しなさい。

vi  welcome.pl
perl  welcome.pl

・ 応用課題2:「他の言語との比較(2)」

  1. 基本課題1:と同じ働きをする Cのプログラム welcome.c を作成しなさい。
  2. Cのソースファイルのコンパイルは gccというコマンドで実行できます。
  3. UNIXの場合には a.out、WindowsのCygwinのgccの場合には a.exeという 名前のファイルが生成されます。これが実行可能なプログラムとなります。
  4. Cの実行ファイルは、システムが異なると実行できません。 実行のためには再コンパイルが必要であることを確認しなさい。

vi  welcome.c
gcc welcome.c
a.out        (Linuxの場合)
a            (WindowsのCygwinの場合)


実習の目次   今週の講義の内容