2-補足: 他のクラスのメソッドの呼び出し


ここでは、話をわかりやすくするために、メソッドはすべて staticの修飾子が付けられたものだとします。 (staticでないメソッドについては、また改めて別の場所で解説します。)
同じクラスの中のメソッドは、メソッドの名前だけ指定すれば呼び出すことができました。 また、どのメソッドどうしでも自由に呼び出し合うすことができます。
他のクラスのメソッドも、クラス名を頭に付けることで利用が可能です。 クラス名とメソッド名の間は .(ピリオド)でつなぎます。
ただし他のクラスのメソッドは、まったく自由に呼び出すことができるわけではありません。 public の修飾子が付くメソッドは、他のクラスからも自由に呼び出せます。


public class SeisekiShori {

    public static void main( String[] args ) {

       int[] data = {
              2,86,30,32,27,57,87,15,75,77,
              73,46,53,88,21,4,81,86,90,51,
              91,7,84,20,76,27,25,34,30,26,
              47,84,90,74,0,85,41,63,67,68,
              55,0,63,45,66,4,9,52,9,71,
              };

        System.out.println( "受験者数:" + data.length );
        int sum = Goukei.goukei( data );
        System.out.println( "合計点:" + sum );
        float ave = Heikin.heikin( data );
        System.out.println( "平均点:" + ave );
        int max = Saidai.saidai( data );
        System.out.println( "最高点:" + max );
        int min = Saisho.saisho( data );
        System.out.println( "最低点:" + min );
        BubbleSort.sort( data );
        System.out.print( "整列結果:" );
        BubbleSort.print( data );
    }
}
 

上のサンプル SeisekiShori では、他のクラス Goukei, Heikin などに定義されたメソッド を呼び出しています。 もちろん、これらのクラスやメソッドは別に用意されている必要があります。
JDKの標準のクラスライブラリの中には、同様に呼び出し可能なメソッドがたくさん用意されています。 その代表は java.lang.Math クラスで、数学の計算の関数や乱数を利用するためのメソッドが 利用できます。