・   「Java入門編」 第13回

13:データ構造としてのクラス(その3)

新しく定義したデータ型を利用して、より「自然な」プログラムの記述を目指します。


・ 準備:

  1. LinuxもしくはWindowdsの環境でログインしなさい。
  2. 作業のための端末エミュレータのウィンドウを開きなさい。
  3. ホームディレクトリの下に後期のJavaの作業用のディレクトリ java2 に移動しなさい。

・ 基本課題1:「表を取り扱うためのクラスの定義(1)」

  1. ソースファイル Cell.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. この課題はこのままでは実行できません。次の課題に進みなさい。

・ 基本課題2:「表を取り扱うためのクラスの定義(2)」

  1. ソースファイル Row.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. この課題はこのままでは実行できません。次の課題に進みなさい。

・ 基本課題3:「表を取り扱うためのクラスの定義(3)」

  1. ソースファイル Table.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. この課題はこのままでは実行できません。次の課題に進みなさい。

・ 基本課題4:「表を取り扱うプログラムの実行」

  1. ソースファイル TableTest.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. プログラムを実行して出力結果を確認しなさい。

・ 基本課題5:「表を取り扱うためのクラスの改良」

  1. ソースファイル Cell.java, Row.java, Table.java のそれぞれに print()メソッドを追加してなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. この課題の実行は、次の課題で行います。

・ 基本課題6:「表を取り扱うプログラムの実行(2)」

  1. 課題5の追加を行うと、ソースファイル TableTest.javaはずっと簡略化できます。
  2. いらなくなった部分を消し(またはコメントアウトし)、 javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. プログラムを実行して出力結果を確認しなさい。 (課題4と同じ結果になるはず)

・ メールによるレポート課題: 以下の結果を tatsuo宛のメール で知らせてください。 件名(Subject)は java25

  1. 学籍番号と氏名
  2. 課題6 のプログラム TableTest.java を添付しなさい。

実習の目次   今週の講義の内容