・   Java I ガイダンス授業第2回

0-2:ファイルの編集、viエディタ


・ 基本課題1:「Linuxのログインとタイピング練習」

  1. PCの電源を入れ、起動画面から Linuxを立ち上げなさい。
  2. ユーザ名とパスワードを入力し、ログインしなさい。
  3. GNOMEの端末エミュレータを開き、 xtype と打ち込んで タイピング練習のプログラムを起動しなさい。
  4. 15分から20分ほど練習してください。

・ 基本課題2:「ディレクトリの作成とファイルのコピー」

  1. 端末エミュレータにUNIXのコマンドが入力できる状態であることを確認しなさい。
  2. mkdir コマンドを使って java という名前の新しいディレクトリを作成しなさい。
  3. cd コマンドを使って java ディレクトリに移動しなさい。 以下の作業はすべて、この java ディレクトリの中で行います。
  4. cp コマンドを用いて練習用のファイル sample1 をコピーしなさい。 コピー元は ~tatsuo です。

mkdir  java
cd  java
cp  ~tatsuo/sample1  sample1

・ 基本課題3:「viの練習(1)」

  1. vi で sample1を開き、その中の指示にしたがって操作の練習をしなさい。
  2. :q! コマンドで vi を強制終了しなさい(ファイルを保存しない)。

・ 基本課題4:「viの練習(2)」

  1. vi で新しいファイル sample2を開き、下記のような内容を入力しなさい。
  2. :wq コマンドで、変更結果をファイルに保存し、vi を終了しなさい。

abcdefghijklmnopqrstuvwxyz
ABCDEFGHIJKLMNOPQRSTUVWXYZ
0123456789!"#$%&'()=-+{}[]

・ 基本課題5:「テキストエディタとvi」

  1. テキストエディタを起動し、上の課題で作成した sample2 のファイルを読み込みなさい。
  2. 適当に変更を加え保存し、テキストエディタを終了しなさい。
  3. 端末エミュレータの側で再度 vi で sample2 を読み込み、 変更箇所を確認しなさい。

・ 基本課題6:「ファイル・マネジャによるホームディレクトリの整理」

  1. ファイルマネジャを起動しなさい。
  2. 自分のホームディレクトリの構成を確認しなさい。
  3. 自分のjavaディレクトリの下を調べ、 viの課題で作成したファイルがちゃんととあるか確認しなさい。 間違って作成した不要なファイルは「ゴミ箱」に移動しなさい。

・ 今週のレポート課題(学内用): ここまでの課題が終わった人は、下記の項目を tatsuo宛のメール で報告しなさい。 (Subjectは java2 )

本文の先頭の行には学籍番号と名前を書きなさい。
課題6:で確認した、自分のホームディレクトリの直下にあるディレクトリの名前の一覧、 および javaディレクトリの中にあるファイルの名前の一覧を、 メールで知らせなさい。 (名前が.(ピリオド)で始まる、いわゆる「隠しファイル」は含めなくてよい。)


・ 応用課題1:「プログラムの入力練習」

  1. vi でファイル名を Welcome.java として新たに開きなさい。
  2. 別紙のプログラムを入力してみなさい (まだ意味を理解する必要はありません)。
  3. どのようにして、このプログラムを実行するのかは、次回説明します。

・ 応用課題2:「環境のカスタマイズ」

  1. さらに余裕がある人は、プリントを参考にしてLinuxの環境の設定の 続きを行ってみなさい。

実習の目次   今週の講義の内容