・   「Java入門編」 第3回

1-3:データの型と宣言、演算記号(その2)

Javaでのデータの取り扱いと計算方法について練習します。


・ 準備:

  1. LinuxもしくはWindowdsの環境でログインしなさい。
  2. 作業のための端末エミュレータのウィンドウを開きなさい。
  3. ホームディレクトリの下の Javaの作業用のディレクトリ java の中に移動しなさい。

・ 基本課題1:「代入演算子を用いた計算」

  1. ソースファイル Operation1.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
  4. どのような処理で表示が行われたのか考えてみなさい。

vi  Operation1.java
javac  Operation1.java
java  Operation1

・ 基本課題2:「浮動小数型のデータ」

  1. ソースファイル Operation2.javaを作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
  4. どのような処理で表示が行われたのか考えてみなさい。

・ 基本課題3:「boolean型と論理演算子」

  1. ソースファイル Operation3.javaを作成し、 論理積の計算ルールを確認しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
  4. どのような処理で表示が行われたのか考えてみなさい。

・ 基本課題4:「boolean型と論理演算子」

  1. 基本課題3の論理演算子 && の部分を || に変更し、 論理和のルールを確認するプログラムを作成しなさい。
    クラス名は Operation4 としなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

・ 基本課題5:「少し複雑な計算」
プログラムを作って計算させてみましょう。

  1. 3の2乗、4乗、8乗、16乗、32乗を次々計算して結果を表示させるプログラムを作成しなさい。
    計算のための変数は long 型の宣言をしてください。 クラス名は Operation5 としなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。

・ メールによるレポート課題: 以下の結果を tatsuo宛のメール で知らせてください。 件名(Subject)は java5

  1. 学籍番号と氏名
  2. 課題5:で得られた3の32乗の値
  3. 課題5:のソースプログラムの内容

・ 応用課題1:「少し複雑な計算(つづき)」

  1. 3 の64乗の値も計算して表示させるプログラムを作成しなさい。 クラス名は Operation6 としなさい。
    思ったとおりの結果が表示されたでしょうか?
  2. long型でうまくいかない場合は、double型を試してみなさい。

実習の目次   今週の講義の内容