・   「Java入門」実習 第1回

Java 2 による開発

簡単なサンプルプログラムで JDKによるプログラムの開発を練習します。


・ 準備1(学内向け):
最初は UNIX(Linux)の環境で作業を行ないなさい。

・ 準備2(学内向け):
ブラウザ(Netscape 4.7)を立ち上げ、 前半コースの参加者へのアンケート にお答えください。

・ 準備3(学内向け):
別紙のシステムと Vine Linuxの環境設定ついての説明 を参照にして各自の作業環境を整えなさい。


・ 基本課題1:「メッセージを出力するプログラム」

  1. ソースファイル Welcome.java (教科書 P.20)を作成しなさい。
  2. javacコマンドでコンパイルをしなさい。
    
    javac  Welcome.java
    
    
  3. コンパイルの結果、バイトコード (Welcome.class)が生成されたことを確認しなさい。
    
    ls
    
    
  4. java コマンドを通じてプログラムを実行しなさい。
    
    java  Welcome
    
    

・ 基本課題2:「異なるプラットフォームでの実行」

  1. Linuxを終了させ、WindowsNT を立ち上げ、ログオンし直しなさい。
  2. MS-DOSウィンドウを開きなさい。
  3. javaのプログラムを基本課題1:と同じように実行してみなさい。

・ 基本課題3:「日本語メッセージの取り扱い」

  1. この課題は Windowsの環境のまま行ないなさい。
  2. 基本課題1:のプログラムが出力するメッセージを "Welcome to Java World!" から "ようこそ稚内北星へ" に変更しなさい。
  3. プログラムをコンパイルし直しなさい。
  4. 実行してみて、出力されるメッセージが変わることを確認しなさい。

・ 基本課題4:「システムの違いと日本語」(学内向け)

  1. この課題は Linuxの環境に戻してから行ないなさい。
  2. Windowsでコンパイルしたプログラムを、そのまま実行してみなさい。
  3. プログラムをそのままコンパイルし直そうとしてみなさい。 どうなりましたか?
  4. 次のようにすれば、異なる日本語コードのソースファイルも 確実にコンパイルできることを確認しなさい。
  5. 
    javac  -encoding  SJIS  Welcome.java
    
    

・ レポート課題:
ここまでの課題が終わった人は、下記の項目を tatsuo宛のメール で報告しなさい。 Subject(件名):は java1 としてください。

  1. JDKでJava言語の プログラムを実行するまでの手順を簡単に説明しなさい。

・ 応用課題1:「コマンド引数を処理する」
いつも同じメッセージではなく、 コマンド引数として外部から渡された文字列を表示させてみましょう。

  1. ソースファイル Echo.java を作成しなさい。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. コンパイルの結果、バイトコードが生成されたことを確認しなさい。
  4. クラス名以外にコマンド引数を与えてプログラムを実行しなさい。
    
    java  Echo  abcdefg
    java  Echo  稚内北星学園大学
    
    
  5. コマンド引数の内容をいろいろ与えて実行してみなさい。 引数を与えないとどうなるでしょうか?

・ 応用課題2:「コマンド引数がない場合のエラー処理」
コマンド引数の個数を事前に調べてチェックを行います。

  1. ソースファイル Echo.java を改良 してください。
  2. javac コマンドでコンパイルをしなさい。
  3. コマンド引数を与えてプログラムを実行しなさい。 また引数なしの場合、複数の引数を与えた場合の動作も確認しなさい。
    
    java  Echo  abcdefg
    java  Echo
    java  Echo  This  is  a  pen.
    
    

・ 応用課題3:「複数のコマンド引数を処理する」
コマンド引数が複数与えられた時、それらをすべて処理できるよう考えてみます。

  1. ソースファイル Echo.java をさらに改良 してください。
  2. コンパイルをしなさい。
  3. 複数のコマンド引数を与えてプログラムを実行してみなさい。
    
    java  Echo  This  is  a  pen.
    
    

・ 応用課題4:「標準入力からの入力を処理する」
javaでは標準出力への出力は手軽にできますが、 C言語の scanf()のような処理は以外に面倒です。 詳しくは java.ioパッケージの取り扱いの時に改めて解説しますが、 参考までにキーボードからの入力を処理する方法を紹介しておきましょう。

  1. ソースファイル ReadLine.java を作成してください。
  2. コンパイルをしなさい。
  3. プログラムを実行し、キーボードから行を入力してみてください。
    
    java  ReadLine
    >> This  is  a  pen.
    
    

実習の目次   今週の講義の内容