・   「Java/XML入門」実習 第1回

開発環境について

本コースで利用する開発環境の説明と必要なパッケージのインストールを行います。


・ 準備1(学内向け):
マシンを立ち上げ、UNIX(Linux)かWindowsのいずれかの環境でログインしなさい。

・ 準備2(学内向け):
ブラウザ Netscape 6(Mozilla)を立ち上げ、 前半コースの参加者へのアンケート にお答えください。 このコースに参加の方は、システム管理のグループ分け用の設問に答える 必要はありません。

・ 準備3(学内向け):
端末エミュレータのウィンドウ(kterm もしくは Cygwin)を開き、 そこで以下の作業をしてください。

・ 準備4(学内向け):
現在使用中のシステムで、J2SE SDK 1.4がどこにインストールされているか探しなさい。
また、標準クラスライブラリのソースファイルが読めることも確認しなさい。


echo  $PATH
which  javac


・ 基本課題1:「Java XML Packのインストール」

  1. 最新の Java XML Pack summer 02 Bundleを入手します。 圧縮されて 10Mbyte程のサイズです。 本来なら Sunのサイト からダウンロードしていただきたいのですが、 手間を省くため、別紙の方法で学内のサーバにアクセスして入手しなさい。
  2. 圧縮された zipファイルは、下記のように jarコマンドによって内容を確認したり、解凍したりできます。 自分のホームの下に展開しておきなさい。
    
    jar tvf java_xml_pack-summer-02.zip
    jar xvf java_xml_pack-summer-02.zip
    
    
  3. 展開されたディレクトリは非常に長い名前になっているはずなので、 後のCLASSPATHの設定を楽にできるように、名前を変更しておくといいでしょう。
    
    mv  java_xml_pack-summer-02  jax
    
    

・ 基本課題2:「パッケージとドキュメントの確認」

  1. Java XML Pack の中には HTML形式のドキュメントも含まれています。 インストールしたディレクトリの中を見て確認しなさい。
  2. Webブラウザで内容を見てみなさい。

・ 基本課題3:「パッケージの比較」

  1. この講座で主に利用するのは、4個あるパッケージのうちの jaxp-1.2です。
  2. J2SE 1.4の標準クラスライブラリのAPIドキュメント と、インストールした中に含まれる APIドキュメントを比較してみなさい。

・ 基本課題4:「Jarファイルの内容を見る」

  1. Java XML Pack の JAXP 1.2のパッケージの Javaファイルの内容 (含まれるパッケージとクラス名)を調べ、APIドキュメントと比較しなさい。
    
    jar tvf dom.jar
    jar tvf jaxp-api.jar
          :
          :
    
    

・ レポート課題:
ここまでの課題が終わった人は、下記の項目を tatsuo宛のメール で報告しなさい。 Subject(件名):は java1 としてください。

  1. JAXP 1.2 のライブラリには、J2SE SDK 1.4のXML関連の標準クラスライブラリには ないパッケージが存在するはずです。その名前をすべて報告しなさい。

・ 応用課題1:「ドキュメントに公開されるパッケージ、されないパッケージ」

  1. J2SE SDK1.4の標準クラスライブラリのソースを見ると、 APIドキュメントには公開されていないパッケージやクラスがあることに気が付く でしょう。XML関連では、どんなパッケージが「隠れている」か調べなさい。
  2. 同じく JAXP 1.2のライブラリのJavaファイルの中にも、 APIドキュメントには公開されていないパッケージやクラスがあることに気が付く でしょう。どんなパッケージが「隠れている」か調べなさい。

・ 応用課題2:「JAXP 1.2 のソースファイル」

  1. 今回インストールするパッケージの中には含まれていませんが、 JAXP 1.2のライブラリのソースも公開されています。 Apache XML Projectのサイト から自由にダウンロードすることができます。 Xercesのver2.0あたりが勉強になるでしょう。 興味ある人は捜し出してダウンロードしてみてください。