情報技術を身につける

 稚内北星学園大学情報メディア学部は、学生が情報メディア社会と地域社会を深く理解するとともに、情報メディアを実践的に活用できる能力を獲得し、そのことによって社会に新しい価値を産み出せるようにすることを目的としています。
 本学では、大学での学びへつながるように、高校生の皆さん向けに情報技術・メディア制作・数学・社会学・語学などの体験授業を用意しています。本学で学ぶほかにも高校への出前授業も実施可能です。
 これからの時代に必要な知識・技能を学べる授業ですので、興味を持ったものがあればぜひ体験してください。

申込方法

希望の講座をお選びいただき、メールまたはFAXにてお申込みください。

・原則1か月前までにお申し込み下さい。それよりも期間が短い場合はお問合せ下さい。
・教員の講義等の関係上ご希望に添えない可能性があります。ご了承下さい。

情報関連の講座

01.フリーソフト「ムービーメーカー」を利用した動画編集(情報メディア学部教授 佐賀 孝博)

 無料動画編集ソフト「ムービーメーカー」を使用して、本学で用意した素材を題材に動画編集の基礎を学びます。同じ素材でも編集者の意図によって、完成形はさまざまな動画になることを実体験してもらい、視聴する側としてのメディアリテラシーを高めることも講座のねらいとします。
※ 「ムービーメーカー」のインストールが必要です。

02.フリーソフト「JTrim」を使用した画像編集(情報メディア学部教授 佐賀 孝博)

 無料画像編集ソフト「JTrim」を使用して、ディジタル情報の特性や光と色の3原色などにも触れながら、画像合成なども含めた画像編集の基礎的な考え方を学びます。関連して現在どのような場面で画像編集が使われているかを考え、その効果についても学びます。
※「JTrim」のインストールが必要です。

03.プログラミング基礎(「アルゴロジック」「プログラミン」)(情報メディア学部教授 佐賀 孝博)

 インターネット上の「アルゴロジック」「プログラミン」というサービスを用いて、プログラミングをする上で必要となるアルゴリズムや順序立てて物事を考えるというプログラミン的思考の基礎を学びます。自分のつくったキャラクタを動かしたり、簡単なゲームを作成するなどそれぞれの年代に応じて楽しんでプログラミングの基礎が学べます。
※インターネット上で「アルゴロジック」「プログラミン」が動作することを確認ください。

04.知的財産について(商標や特許を調べてみる)(情報メディア学部教授 佐賀 孝博)

 知的財産権の概要を学んだ後、インターネット上で商標や特許情報について調べることで、知的財産権のうち著作権以外の産業財産権も身近な権利としてとらえ、実社会はこれら産業財産権を保護することで円滑な産業活動が営まれていることを実感してもらいます。
※インターネット上で「J-PlatPat(特許情報プラットフォーム)」へアクセスできることを確認ください。

05.インターネットの危険性・有用性(情報メディア学部教授 佐賀 孝博)

 インターネットの基本的な仕組みと【個人の特定】や【迷惑メール】あるいはいわゆる【炎上】などについて具体例を通してどのような点が問題かを知り、インターネットの利用法や情報セキュリティについて考えます。

06.ネットのリスク(稚内北星学園大学学長・情報メディア学部教授 斉藤 吉広)

 インターネットの利用にあたっては、ウィルス感染や乗っ取り、架空請求や詐欺メール、個人情報悪用などによる被害に遭わないようにする注意することはもちろん大切です。そして逆に、加害者にならないようにも気を付けなければなりません。軽い気持ちで書き込んだ言葉が名誉棄損で訴えられたり、根拠を確かめなかったためにデマの拡散に手を貸してしまうこともあります。リスクをきちんと認識してネットと賢く付き合いましょう。

07.壺の落札価格の予測(情報メディア学部講師 小山 民雄)

 生徒の皆さんには、架空のオークションに出品される壺の落札価格を予想するゲームをしてもらいます。これまでに落札された壺に関するデータ(落札価格、大きさ、重さ、形、色、保存状態、作成時期)をまとめた一覧表をヒントに、新しく出品された壺の落札価格を予想してください。価格を予想するだけでなく、「なぜその価格だと思うか?」の理由も考えましょう。この単純なゲームを通して、統計的推測の考え方をお伝えしていきます。

08.情報システムの安全な設計(情報メディア学部助教 張江 洋次朗)

 医療や交通インフラなどの重要なシステムにおいて、致命的なエラー、いわゆる”バグ”の混入は,人命にかかわる死活問題となり得ます。情報システムの設計段階からバグの混入を未然に防ぐために、「システム検証」という分野があります。
 本講義では、システム検証において用いられる手法である、システムのモデル化を通して、情報システムの安全な設計の重要性を講義します。具体的には、ペトリネットというモデル化手法を取り扱い、我々が開発したペトリネット作成援用ツール「HipS」による実演を行います。

09.仮想化とクラウドの関係(講話) IaaSの実装デモ体験(情報メディア学部教授 浅海 弘保)

 サーバ仮想化とクラウドは切っても切り離せない関係性があります。なぜなら、仮想化技術とクラウドは、共にサービス運営やシステム稼働の発展を促進してきたからです。具体的にどのような関係にあるのか、また、使用例やそのメリットについて概説します。

10.コンピュータは人間のことばを理解できるのか(情報メディア学部教授 安藤 友晴)

 日本語などの人間が使うことばをコンピュータが解釈し、何らかのことを実行するしくみのことを「自然言語処理」と言います。「自然言語処理」は、ローマ字を漢字に変換したり、Googleで検索をしたり、iPhone上でSiriと会話をしたりするときに活用されています。ところが、コンピュータは人間のことばをきちんと理解して対応している訳ではありません。このあたりに、現在の自然言語処理やいわゆる「人工知能」の限界があります。本講座では、「自然言語処理」を中心に現在の「人工知能」の最前線について解説します。
※コンピュータとプロジェクタを用いたプレゼンテーション形式で講座を行います。生徒のみなさんがコンピュータを使える環境は必要ありません。

11.人工知能でできること・できないこと験(情報メディア学部教授 安藤 友晴)

 将棋や囲碁でコンピュータがプロ棋士に勝ったり、スマートフォンやスピーカーと人間が対話したり、自動車を自動運転したりなど、「人工知能」が話題になることが増えています。なかには、「人工知能が人間の仕事を奪う」とか「人工知能が人間を滅ぼす」といった議論もなされています。これらは本当なのでしょうか? 実は、今の人工知能は決して万能ではなく、「できること」と「できないこと」がかなりはっきり分かれています。本講座では、人工知能のベースとなっている高校数学(ベクトル、統計、微分など)の要点からはじめ、現在の人工知能の到達点について解説します。
※コンピュータとプロジェクタを用いたプレゼンテーション形式で講座を行います。生徒のみなさんがコンピュータを使える環境は必要ありません。

12.なぜAmazonはあなたが好きなモノを推薦できるのか(情報メディア学部教授 安藤 友晴)

 Amazonなどのインターネット上のショッピングサイトで買い物をすると、ショッピングサイトはあなたが好きそうなモノを推薦するようになり、しかもその推薦されたモノは自分の欲しいモノと一致していることがよくあります。このような「情報推薦」と呼ばれる行為は、インターネット上の膨大な情報の中から自分にふさわしい情報を見つけ出すための手がかりとなっています。情報推薦の基本的なしくみは、高等学校で学習する数学(統計やベクトルなど)の知識が元となっています。一方で、図書館などの公共機関で情報推薦を行おうとする動きがありますが、「個人情報保護」の観点からさまざまな問題が指摘されています。本講座では、簡単な情報科学と数学の知識を用いた情報推薦のしくみと、個人情報保護との関連について解説します。

13.ロボットさん、まっすぐ走ってください(情報メディア学部教授 小泉 真也)

 「組み込みプログラム」とは、様々な機械の中にコンピューター・システムを合体させて、機械の動きをコントロールするプログラムを意味します。今や「組み込み技術」に触れない日はないと言って良いくらい、多くの機械の中にはこれを 動かすコンピューターが組み込まれています。人々の生活のあらゆる場面を支える組み込み技術ですが、その技術者の数はまだまだ充分ではありません。これは、これからの若い技術者が活躍するチャンスの多い業界であるということも意味しています。
 この授業では、iPadを用いて、簡単なプログラムによって「ロボットをまっすぐ走らせる」までを体験します。ロボットには「まっすぐ走れ」という命令はわかりません。ロボットを観察し、ヒトの動作を参考にしながら、プログラムを考えてみましょう。
 実際に30分もあれば、ロボットが動く原理を理解し、動く手順を考えて、直進だけでなく様々な動作ができるようになります。
※講座で使用するロボットやiPadは本学でご用意します。

14.Mayaを使って、CGで簡単なキャラクターを作ってみる(情報メディア学部教授 阪本 裕文)

 コンピュータグラフィックの制作に使われている代表的なアプリケーションであるMayaを使って、簡単なキャラクターを作ってみます。球体や立方体、円錐などのプリミティブと呼ばれる原型を組み合わせて、自分の考えたキャラクターを具体化させましょう。時間があれば、簡単なアニメーションもつけてみたいと思います。コンピュータの操作に慣れていなくても大丈夫です。簡単な操作でコンピュータグラフィックの世界を体験できます。
※機器の関係で、実施は本学での体験授業のみとなります。

数学関連の講座

15.「15パズル」の数学(情報メディア学部講師 陶山 大輔)

 15パズルとは、正方形を4×4に区切った16個のマス目に15個のブロックを配置し、空白のマス目に周りのブロックを移動させることで、ゴールの配置を目指すゲームです。
 よく見るのは、それぞれのブロックに模様が書かれており、ゴールの配置に到達したときに、全体が一つの絵になっているタイプです。さて、このゲームで最初にブロックをばらばらに配置したときに、必ずゴールの配置に到達できるでしょうか?この問題を数学の群論という分野から解説したいと思います。

16.複素数と平面幾何学(情報メディア学部講師 土田 旭)

 数学IIでは、二次方程式の解を記述するものとして、複素数を学びました。
 座標平面の横軸に複素数の実部、縦軸に虚部を対応させることで、複素数全体と平面が一対一に対応し、これをガウス平面と呼びます。複素数は単なるベクトルではないので、ガウス平面には掛け算が備わっているのが特徴です。
 小中学校や数学Aで学ぶ初等幾何学の問題は、ガウス平面を考えることで、複素数を用いた代数的な問題に置き換えることができます。複素数を通して幾何学がどのように見えるのか、また、複素数の演算や式は幾何学的にどんな意味をもっているのか、体感してみましょう。

17.つながりの幾何学 –位相幾何学入門–(情報メディア学部講師 土田 旭)

 位相幾何学とは「ある図形が連続的な変形によって別の図形に移るとき、その二つの図形は同じ形である」という見方で図形の分類や図形の性質を調べる、幾何学の一分野です。この立場では、ダヴィデ像と粘土の塊は”同じ形”であり、しぼんだ風船とラグビーボールも”同じ形”となります。
 では、二つの図形はどうやって見分けられるのでしょうか?それには、連続的な変形によって変わらない量や性質(不変量)に注目すると良さそうです。この講座では、実際の図形を見たり絵を描いたりしながら、いくつかの位相不変量について説明します。

18.結晶成長や金属工学に現れる微分方程式(情報メディア学部教授 佐藤 元彦)

 数学では、かならず答えが見つかるので好きだという話をよく聞きます。しかし、数学研究では、方程式の解き方が分かっているものというのは、本当は極めて稀なのです。高校2年生で多項式の微分・積分を学んだ学生さんなら、解の候補をすぐ見つけることができる問題を提示します。
 皆さんは、多数の解を候補が見つけることができると思います。授業では、その中から解を一つに絞りこむアイデアを紹介します。このアイデアが金属工学に現れる幾何学的方程式の解の解明につながったことを紹介します。

その他の講座

19.図書館と本のこれから(情報メディア学部教授 安藤 友晴)

 スマートフォンやパソコンなどの情報端末を使って読むことができる「電子書籍」が増えてきました。いっぽう、図書館には「本を借りたり、勉強をしたりする場所」というイメージがあるでしょう。ところが最近の図書館は、社会情勢の変化や電子書籍などの情報技術の進展に伴って、大きな変化を迎えています。そのひとつが、「地域資料」をきちんとデジタル化する「デジタル・アーカイブ」です。本講座では、この変化について歴史的な視点から振り返るとともに、「デジタル・アーカイブ」などの図書館と本の将来について解説します。
※コンピュータとプロジェクタを用いたプレゼンテーション形式で講座を行います。生徒のみなさんがコンピュータを使える環境は必要ありません。

20.だまされないための論理学(情報メディア学部教授 安藤 友晴)

 世の中には、残念ながら「リクツになっていないリクツ」を振りかざす人が多くいます。こうした「リクツ」は「強弁」や「詭弁(きべん)」と言われます。例えばインターネット上では、「強弁」や「詭弁」で自分の意見をゴリ押ししたり相手をだましたりするような事例が山ほどあります。ところがこうした「強弁」「詭弁」は、高等学校の数学で学ぶ「論理と集合」と国語の知識をうまく組み合わせれば簡単に見抜けることがほとんどです。本講座では、数学と国語の知識を復習しながら、パズルのように「強弁」「詭弁」を見抜き、反論できるような練習をします。
※コンピュータとプロジェクタを用いたプレゼンテーション形式で講座を行います。生徒のみなさんがコンピュータを使える環境は必要ありません。

21.中学・高校数学におけるアクティブ・ラーニングの研究(情報メディア学部教授 佐藤 元彦)

 現在の学習指導要領では、小学校、中学校、高等学校、大学において、アクティブ・ラーニングに基づく指導が求められています。高大連携の観点から、アクティブ・ラーニングから高等学校に提唱された歴史的経緯を踏まえて、大学等におけるアクティブ・ラーニングの現状について解説します。

22.体験を通して学ぶ ~アクティブラーニングによる新しい学び方を体験する~(情報メディア学部准教授 侘美 俊輔)

 新学習指導要領においても、アクティブラーニングへの需要が高まっています。私自身の学生への授業の実感として、抽象的思考力の乏しい学生が増えているような気がしています。「自分に関係するところから学習をスタートさせないと、授業への興味関心が大きく低下してしまう」ということを念頭に授業計画を立てています。その一例として、自分たちの身の回りにある「当たり前」や、「身近なこと」を通じて、他者とのコミュニケーション、他者との相違、当たり前を疑ってみるなど、社会科学的な思考力、人間力を鍛えるアクティビティを体験してもらいたいと思います。他のグループワーク、アクティブラーニングについても対応可能です。(内容に応じて付箋、ペン、模造紙を使用します)

23.議論のスキルを磨きましょうか(情報メディア学部講師 小林 伸行)

 一般的な学校において、「ペーパーテストをグループで協力して解き、評価もグループ単位で行われる」という状況はあるでしょうか。仮に、グループワークを通して問題解決するとしても、学年も出身地も原則同じで、同じ解法を学んだ同士の生徒が寄り集まったところで、なかなか多様な意見や手順で溢れかえるということはないように思われます。何かを話し合って考えたり決定したりするために議論する場合を考えても、「正しい考え方」か「そうでないか」の二者択一になりがちで、ややもすると「間違いを犯さないように」沈黙することこそ最善と考える人が目立つことも多いのではないでしょうか。
 しかし実社会では、年齢も出身も専門性も異なる職場の同僚や地域の住民と一緒になって、「何が正解かも分からないままに」問題解決に向かったり議論したりすることのほうが圧倒的に多いはずです。そこで二者択一型の議論が展開されると、対立や葛藤が過剰に増幅するばかりで、建設的・生産的な結論や着想を得ることから遠ざかりかねません。この授業では、討論形式の議論とは違い、むしろ意見の異なる他者とお互いに(間違いを恐れず)協力し合って、議論をより活発・創造的に進展させていくスキルについて、ご一緒に考えたいと思います。

24.取材力を高めよう(情報メディア学部准教授 井出 晃憲)

 取材は新聞記者だけがするものではありません。図書館やインターネットで調べ物をしても見つからなかったときや不十分なときには自分で現場に出て取材しなければなりません。こうした取材活動を文化人類学ではフィールドワークと呼びますが、この授業では現場に出てどのように対象を観察するか、フィールドノートをどうやって取ったらよいか、インタビューをどのようにするかまた何を聞いたらいいか、などについて基礎から丁寧にお教えします。

25.さまざまな主題の電子地図を探してみよう(情報メディア学部教授 遠藤 孝夫)

 みなさんは、地図と聞いてどのようなイメージを持たれるでしょうか。最初に思い浮かぶものは一つでも、少し考えるとさまざまな内容や大きさの地図が思い出されるでしょう。以前は紙に印刷されたものが一般的でしたが、近年は電子化が進んでいます。自動車などのナビゲーションシステムや、スマートフォンの地図情報サービスでも活用されています。さまざまな主題の電子地図を探して、どのような情報が読み取れるか考えてみましょう。

26.コミュニケーションの身体性(稚内北星学園大学学長 情報メディア学部教授 斉藤 吉広)

 私たちは、とりあえず“ことば”のやりとりをすればコミュニケーションができていると思いがちです。でも実は、私たちは“からだ”全体でメッセージを発していて、相手もそれを感じ取っています。相手ときちんと向き合っているか、伸びやかな声が出ているか、顔の表情はこわばっていないか、そうした“からだのメッセージ”に自覚的になることで、より自然体な関係の中で生きていけるようになるかもしれません。

27.便所飯の真相(稚内北星学園大学学長 情報メディア学部教授 斉藤 吉広)

 「便所飯」とは、東京都内の大学のトイレ内に「ここで食事をするな」という注意書きが貼り出されたことに端を発したことばです。実際にそんなところで食事をする人がいるかどうかは別にして、「学生食堂で一人ぽっちで食事しているところを人に見られるくらいなら、食事を抜くか誰も見ていないところで食べる」という感覚をもつ人は少なくないのです。孤立していることそのものよりも、孤立しているところを見られて「あの人寂しい人だね」と思われてしまうことが怖くてたまらない。そういう状況を客観的に眺めて、心を落ち着かせましょう。

28.勝つための食事!? ~ドーピングとサプリメントの視点を加えて~(情報メディア学部准教授 侘美 俊輔)

 現在、ドラッグストアにいくとたくさんの「プロテイン」や「サプリメント」が売られています。みなさんは、「瞬発系アスリートのために」、「持久力を鍛える」などこうした言葉に踊らされていませんか?
 この講座では、正しい食事、休息、水分補給、サプリメントの話ともに、インターハイや国体でも実施されている「ドーピング」についても触れます。

29.オリンピックの裏側(情報メディア学部准教授 侘美 俊輔)

 2021年に東京五輪が開催されます。しかしながら、オリンピックは開催都市にどのようなメリットをもたらすのでしょうか? オリンピックは「生き物」のように絶えず形を変え進化してきました。ここでは私たちが良く知る「札幌市」を事例に、1964年の東京五輪や商業主義五輪といわれるロサンゼルス五輪以降の流れを見ながら、開催都市と五輪の関係を考えてみたいと思います。
必要なもの:可能ならインターネット環境(動画の映写)

30.カーリングで世界へ ~常呂を事例に~(情報メディア学部准教授 侘美 俊輔)

 平昌五輪において、「そだねー」や「モグモグタイム」などLS北見による活躍は目覚ましく、私たちはメディアを通じて多くのカーリング娘の姿を目にしました。しかしながら、なぜ常呂町(北見市常呂)でカーリングは発展したのでしょうか?
 そして、次から次へとオリンピック選手が出てくるのはどうしてでしょうか?
必要なもの:可能であればインターネット環境(動画の映写)

31.南中ソーランをみんなで踊ってみよう!(情報メディア学部教授 但田 勝義)

 全国の幼稚園や小中学校で踊られている「南中ソーラン」。誕生から30年を迎えます。今でも年齢に関係なく感動を生み、学校や地域の財産として大切にされているのはなぜなのでしょうか。誕生までの経過と家庭・地域に支えられながら成長してきた「南中ソーラン」のルーツを学び、エネルギッシュな自分だけの舞をみんなで踊りながら、その魅力と感動を体験します。

32.いきものの進化とヒトの文化(情報メディア学部教授 但田 勝義)

 地球上にいるいきものの数はどれだけでしょう?約400万種と言われていますが、正しくは誰もわかっていません。ただ、どのいきものも今日まで淘汰されることなく生き続けてきたのですから、「生きる力」は大変なものです。未来について考えることができるヒトの生活や文化について、いきものの進化と比べながら家族の在り方や人間社会を考えていきます。

33.はじめて受けるTOEIC~TOEICとは?(情報メディア学部教授 相原 成史)

 中学校、高等学校の段階で受験する英語検定は、英検、GTECが有名ですが、英語の入学試験を独自の試験だけでなく、TOEICのスコアで入試代用する大学、大学院も増えています。また、企業でも社員評価にTOEICを利用しています。本講座では、TOEICをまだ受験したことのない方に、TOEIC大学や企業でどのように使われているかを概説します。さらに、TOEICの出題形式をPartごとに解説し、実際に問題を解きながら、出題数の多いTOEICの問題を時間内に解くために、どのようも効率よく回答していくかを解説します。

  • 学食体験
  • キャンパスツアー
  • オープンラボ
  • 入試&奨学金等相談

 

プライベートオープンキャンパスとは

 2020年は新型コロナウィルス感染症対策に伴い、従来のオープンキャンパスに参加することが難しい高校生の方が多いのではないでしょうか。本学では、参加者が希望しやすい日時に個別に大学を体験できるよう、プライベートオープンキャンパスを企画いたしました。多くのご参加をお待ちしております。

授業を体験 オープンラボ

 興味のある分野をお知らせください。本学より授業体験のご提案をします。

例:プログラムに興味がある、CGを体験してみたい、ゲーム制作に興味がある、中学・高校教員になりたい、入試&奨学金等相談したい等、ご希望の内容を選択できます。

過去のオープンキャンパス

3分で分かる稚内北星学園大学の魅力(学生制作プロモーション映像)

お問い合わせ

稚内北星学園大学

北海道若葉台1丁目2290-28
フリーダイヤル 011-311-014
メール info@wakhok.ac.jp