デジタルで
未来を
つかむ大学

秋季講座2021を開催しました

10月23日(土)、本学濱森辰雄記念講堂にて、秋季講座2021(主催:稚内北星学園大学後援会)を開催し、後援会員及び一般市民、学生を含め約250人が参加しました。

本法人松尾英孝理事長が「地域における大学の役割―大学は如何に地方創生に貢献するか?」をテーマに講演を行ったほか、研究報告として、本学侘美俊輔准教授が「e-sportsを活用した地域づくりの可能性」、同張江洋次朗助教が「勇者は魔物をいかに見分けるか?―AIやIoTを使った個体識別技術と研究動向―」について発表しました。

後半は、実業家の堀江貴文氏をお招きし、「地域経済活性化へのヒントと大学の役割」について講演していただきました。