情報教養V
Basic Computer Science III

授業科目区分

専門科目
専門科目 情報テクノロジーコース

わくラボの使用について:使用しない
選択科目 2単位 2年次 前期

教職課程(情報)必修

担当教員

佐賀孝博

研究室のホームページ,SNSなど

NDC

007

科目分類コード

オフィスアワー

この科目のキーワード

ハードウェア/ソフトウェア/アルゴリズムとプログラミング/コンピューターとシステムの構成要素/データベース/ネットワーク/セキュリティ/システム開発技術/プロジェクトマネジメント/システム監査/システム戦略/経営戦略/>企業と法務/基本情報技術者試験

説明に使用する言語

主として日本語を使用する

使用する教材の言語

日本語・英語で記述された資料を使用する

この科目に必要な日本の文化・事情の知識について

到達目標

「情報教養T」「情報教養U」をさらに発展的に学び、情報科学について十分な知識を持ち、科学的な理解と実践的な応用力を身につけることを目標とする。

ディプロマポリシーとの関連性

専門能力:情報メディアの開発とその多面的な活用ができる能力

授業の簡単な概要

 以下の事柄について学ぶ。
 ○テクノロジ系(コンピュータ科学基礎・ハードウェア・稼働率・ソフトウェア・論理回路・データベース(SQL、正規化)・ネットワーク・セキュリティ・設計)
 ○マネジメント系(DFD・開発規模、工数など)
 ○ストラテジ系(全体計画立案・業務改善・契約タイプ・経営戦略・ABC分析・利益や費用の計算・関係法規など)
 内容的には国家試験である「基本情報技術者試験」程度は理解できるようにする。

学習内容

  1. 基礎理論(1)
  2. 基礎理論(2)
  3. アルゴリズムとプログラミング(1)
  4. アルゴリズムとプログラミング(2)
  5. コンピューターとシステムの構成要素
  6. データベース
  7. ネットワーク
  8. セキュリティ
  9. システム開発技術
  10. プロジェクトマネジメント
  11. システム監査
  12. システム戦略
  13. 経営戦略
  14. 企業と法務
  15. まとめ
  16. 試験

授業時間外での学修

ある事柄について関連をもって複数回にわたって学ぶ場合もあるので、授業の復習などをして、その回の事柄について正しく理解しておくこと。なお、基本的に授業時間外の学修は1コマあたり4時間を必要とする。

成績評価の基準と方法

(S)キーワードに記された各領域の内容について、正しく他者に説明できる。
(A)キーワードに記された各領域の内容について、講義資料に基づいて正しく他者に説明できる。
(B)キーワードに記された各領域の内容について、重要な事項について、講義資料に基づいて他者に説明できる。
(C)キーワードに記された各領域の内容について、主要な事項について、講義資料に基づいて他者に説明できる。

達成度評価(評価方法:合計100点)

試験:      100 / 100
レポート:    / 100
小テスト(中間テストなど含む): / 100
小レポート(中間レポートなどを含む): / 100
作品:      / 100
ポートフォリオ: / 100
その他:

「基本情報技術者試験」のうち、午前試験の成績が60%以上で単位認定する。
評価は基本情報技術者試験(100点満点)の点数を用いる。
(※ 科目試験の受験を行ってもよい。その際は点数の良い方を評価とする。)

教科書・テキスト

「かんたん合格 基本情報技術者教科書 2019年度」 インプレス

参考図書・参考文献等

授業の中で適宜提示する。

履修もしくは取得していなければいけない科目

「情報教養T」「情報教養U」

学習支援

質問は逐次受け付けますので、適宜研究室などを訪ねてください。

授業に関連する実務経験

その他この科目を履修するために必要な条件

特になし。