情報メディア学科の教育課程

 稚内北星学園大学は、情報社会の中で主体的に活躍できる総合的・創造的な力を身につけ、さらに地域社会の抱える課題の解決のために必要なスキルや論理的能力、人や組織と連携できる人間力を育成することを使命・目的としています。

 教育課程は、幅広い「情報メディア基礎力」を全員が身につけ、かつ学生一人一人がその関心と適性に応じた専門的な学習・研究に取り組めるように構成されています。

 1年次は「教養・情報メディア基礎科目」を中心に、情報メディアに関わる領域全体を幅広く学び、体感します。2年次以降は「ゼミナール」を選択して自らが集中的に学習・研究する内容を設定し、ゼミナール指導教員と相談しながら4つの系の専門科目からどのような組み合わせで科目を選択するか履修方針を決めていきます。

情報メディア学科

数理情報系

プログラミングやネットワーク技術を学んでアプリやロボットを制作するとともに、数学を基礎から学びます。

数理情報系の科目は、以下の科目群で構成されます。

  • プログラミング系
  • ネットワーク系
  • データベース系
  • IT知識・理論系
  • 制作実践系
  • 基礎数学系
  • 解析系
  • 幾何系
  • 代数系
  • 確率統計系
  • 応用数学系

数理情報系では、以下のような学習を行います。

 国家試験である情報処理技術者試験などの合格を念頭に、プログラミングはもちろん、情報セキュリティ、ネットワーク、データベースなどの知識・技術を幅広く習得することで、現場での問題解決能力を身につけます。
地域の特徴を知った上で、地域の課題を考え、その課題をICTで解決する開発プロジェクトを通して、より実践的なICTの活用方法を習得します。ロボットの制作なども行います。開発システムを関係者に紹介する過程で社会人基礎力を身につけます。
 数学を基礎から学びます。データ処理や人工知能の分野で必要不可欠とされる統計学の学習も重視します。
 情報と数学をきちんと学習することで、人工知能や機械学習といった先端分野の学習に取り組むことができます。
 数学(中学校・高校)と情報(高校)の教員免許状を取得できます。

メディア表現系

写真・映像・造形・印刷媒体などのメディア選択とコンテンツ制作技術を通じてデザインやアートの思考性を学びます。

メディア表現系の科目は、以下の科目群で構成されます。

  • メディア表現系

メディア表現系では、以下のような学習を行います。

 デザインやDTPの基礎、カメラ・ビデオの撮影・編集などの基盤となるスキルから始まって最終的な作品制作に至るまでを体系的なカリキュラムに沿ってじっくりと学び、メディア表現全般にわたる高度な力を身につけます。
 地域の産業や文化・自然環境などに着目して課題を設定し、調査・取材・議論を基にしてコンテンツ制作を行ったり、地域の情報発信の新しい仕組みをデザイン・提案するなど実践的な問題解決能力を身につけます。

社会情報系

まちづくり、観光、地域経済など、地域社会と情報の関わりについて学びます。

社会情報系の科目は、以下の科目群で構成されます。

  • 社会情報系共通
  • ビジネス系
  • 環境・都市情報系
  • 外国語系
  • 社会情報リテラシー系
  • スポーツ系
  • 観光学系

社会情報系では、以下のような学習を行います。

 生涯学習や健康・スポーツ、環境問題・都市計画、観光等の分野の知識と技術について体系的なカリキュラムに沿って学び、ICTを利活用したまちづくりに関する多様な能力を身につけます。
 都市の情報・計画や地球規模の環境問題等さまざまなスケールにおける地域と人々の活動とのつながりに関して、現状を把握し課題について検討するために必要となる基礎的な知識や調査・分析等の技術を身につけます。
日本の旅行環境を取り巻く様々な課題に取り組むための視点を、事業化、まちづくり、行政などの分野から学びます。特に観光立国推進にあたり、観光地が取り組むべき受け入れ(インバウンド)対応に力点を置きます。
 グローバル化に対応した実践的な外国語能力を身に付けます。また、観光の分野で重要となる北海道や日本の文化、さらには国際交流の中で重要となる外国文化についての理解を深めます。

主な科目

情報メディア基礎科目
 1年次は「情報メディア基礎科目」を中心に、情報メディアに関わる領域全体を幅広く学び、体感します。

地域学Ⅰ・Ⅱ 地域文化論 情報教養Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ 基礎演習Ⅰ・Ⅱ ビジネス・コンピューティング プログラミング入門 ゼミナールⅠ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ・Ⅴ・Ⅵ マルチメディア概論Ⅰ・Ⅱ 映像メディア論 メディア・リテラシー 社会学 論理学Ⅰ・Ⅱ 数学基礎 確率統計学 線形代数学Ⅰ 基礎英語Ⅰ・Ⅱ 総合教養Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ キャリアデザインA・B・C

数理情報系科目
 プログラミングやネットワーク技術を学んでアプリケーションを製作するとともに、数学を基礎から学びます。

プログラミング基礎 線形代数学Ⅱ 集合論入門 微分積分学Ⅰ・Ⅱ 代数学Ⅰ・Ⅱ システム制御プログラミング 知能情報プログラミング Webプログラミング基礎 応用Webプログラミング アルゴリズムとデータ構造 データベース論Ⅰ・Ⅱ ネットワーク概論・実習 ネットワーク管理論Ⅰ・Ⅱ UNIX基礎・実習 ソフトウェア制作演習

メディア表現系科目
 写真・映像・造形・印刷媒体などのメディア選択とコンテンツ制作技術を通じてデザインやアートの思考性を学びます。

デザイン基礎 ビジュアルデザインⅠ・Ⅱ・Ⅲ アート表現Ⅰ・Ⅱ コミュニケーションと表現 マルチメディア技術論 AV基礎実習 映像技術 CGデザイン 画像表現・演習 Webデザイン

社会情報系科目
 まちづくり、観光、地域経済など、地域社会と情報の関わりについて学びます。

観光概論 観光英語Ⅰ 生涯学習概論Ⅰ.Ⅱ 現代メディアと社会 観光まちおこし論 観光メディア論 経済ビジネス特講A,B 都市計画 地域空間情報論 スポーツとまちづくり

教職課程科目
 1年次は「情報メディア基礎科目」を中心に、情報メディアに関わる領域全体を幅広く学び、体感します。

教職概論 教育課程論 生徒・進路指導論 教育方法論 教育原理 教育心理学 教育相談 道徳教育論 教育実習Ⅰ・Ⅱ 教育実践演習 数学科教育法Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ 情報科教育法Ⅰ・Ⅱ

系統で見る進路

数理情報系

系統で見る進路

■大学院進学 ■システムエンジニア ■プログラマー ■ネットワークエンジニア ■WEBエンジニア ■民間企業 ■公務員

関連する資格

■ITパスポート試験 ■基本情報技術者試験 ■応用情報技術者試験 ■オラクルマスター  ■JAVAプログラミング能力認定試験 ■CISCO(CCNA)■LPIC ■サンJAVA認定試験 ■実用数学技能検定

メディア表現系

系統で見る進路

■大学院進学 ■WEBデザイナー ■CGデザイナー ■イラストレーター ■民間企業 ■公務員

関連する資格

■図書館情報学検定 ■ニュース時事能力検定 ■映像技術者試験 ■Webクリエイター能力認定試験 ■Illustratorクリエイター能力認定試験 ■Photoshopクリエイター能力認定試験 ■フォトマスター検定

社会情報系

系統で見る進路

■公務員 ■民間企業

関連する資格

■秘書検定 ■ビジネス文書検定 ■ビジネス実務マナー検定 ■サービス接遇検定 ■ニュース時事能力検定 ■実用英語技能検定 ■TOEIC

数学教育系

系統で見る進路

■中学校教諭 ■高等学校教諭 ■大学院進学 ■民間企業 ■公務員

関連する資格

■実用数学技能検定 ■中学校教諭一種免許状(数学) ■高等学校一種免許状(数学) ■高等学校一種免許状(情報)