News

東京サテライト校 専任教員一覧

投稿日:

東京サテライト校の専任教員とそれぞれの担当科目、各教員からのメッセージを紹介します。
以下の教員のうち、浅海弘保、門間穣司、山田和夫が東京サテライト校に常駐、浅海智晴が関東在住、その他の教員はそれぞれの担当する講義のスケジュールに合わせて稚内本校からやってきます。

学長 丸山不二夫(丸山・浅海・佐藤ゼミ)
21世紀は、テロとそれに対する報復戦争という、誰も予想しなかった不幸な形で、その幕を開けました。経済的には長く続いた不況の出口に差し掛かっている私たちは、Web2.0に対する明るい期待に示されるように、まだ明確な形を持っていない「何か」が、巨大な社会的変革が、我々の前に登場しつつあることを感じています。

こうした時に、大学で「情報」「メディア」を学ぶということが、どのような意味を持っているのかを、私たちは、あらためて考える必要があると感じています。今、私たちが一番真剣に考えようとしていることは、この時代が、大学教育に何をもとめているのかということです。新しい時代には、新しい大学が必要なのです。

全国で初めて、「情報メディア学部」をつくった稚内北星学園大学は、情報メディア教育に関して、全国のどの大学に比べても、先進的な教育目標を設定しています。広帯域のネットワーク上でのメディア統合を展望した、新しい教育目標は注目を集め、「情報メディア」を掲げる学部・学科は、短い間に、全国に広がりました。それは本学の教育コンセプトの先駆性を示しています。

こうした達成に満足することなく、稚内北星は、いままたその活動のレンジを大きく拡大しようとしています。社会人のIT技術者の再教育を目的として、東京にサテライト校を解説したのに引き続き、稚内北星の教育コンテンツをアジアに展開する積極的な活動が始まっています。中国、ネパール、バングラディシュ、ロシア、ベトナム。本学のIT教育に対する関心は、国際的にも高まっています。

稚内北星は、これからの時代、さまざまな困難の中でも、生き生きと仲間たちとコミュニケーションができ、社会=歴史的な視点をも兼ね備えた魅力ある人間たちによって、最先端の情報技術が担われ、そうした土台の上に、平和で繁栄した社会が作られていくことを期待しています。

教授 浅海智晴 (モデリング、システム開発演習(丸山・浅海・佐藤ゼミ))
Java EEをターゲットにしたオブジェクト指向開発について、オブジェクト指向分析からプロジェクト管理まで、理論と実務の両面から実践的なスキルを学んでいただければと思っています。

教授 植田龍男 (応用Java、Webサービス)
1995年のJavaの登場時から日本でいち早くJavaの教育に取り組んできました。

教授 金山典世(ネットワーク基礎、ネットワーク管理論 I・II、IvP6ネットワーク論、SNMPネットワーク管理論)
研究面でもネットワーク設計・構築などに係わる問題や、ネットワーク上の様々なプロトコル等を中心に展開しています。

教授 坂本寛(データベース論、XML概論、AJAXプログラミング、Ruby on Rails、セマンティックWeb概論)
XMLはドキュメントやデータを記述する新しい技術で、現在のITの基盤をなすものです。本学でともに学びましょう。

教授 姫宮利融(Javaネットワークプログラミング、ネットワークプログラミング特論)
単純な自然法則に支配される現象であっても、驚くほどの多様性と複雑さが現れる論理を数学と計算によって理解することに興味を持っています。それは、「生物とは?人間とは?」を考えることに通ずるのかもしれません。

准教授 浅海弘保(UNIX I・II、システム管理論、平日ゼミ)
オペレーティングシステムや情報ネットワークをデザインし、構築する場合、本質的に知識集約的な問題解決作業が伴います。システムが本来の目的を達し、かつ、より良いパフォーマンスを発揮するためにはどうすればよいかを明らかにする研究を展開していきます。

准教授 安藤友晴(エンタープライズアプリケーション I、UMLおよびOO基礎)
プログラミングは、人の役に立つことはもちろんですが、そもそも創造的で楽しい作業なのです。学生の皆さんとともに、新しいアイディアのソフトウェアを作っていきたいと思っています。

准教授 佐賀孝博(PHP Webプログラミング)
一番好きなのはコンピュータゲームの制作について学生と語り合うことです。新しいゲーム(エンターテインメント)を共に創作していければ嬉しいと思います。

准教授 門間穣司(Java I・IV、Linux基礎、OS特論、グラフィックスプログラミング)
Linuxカーネル、ハードウェアとの関連、リアルタイムCGプログラミング、並列計算などが現在の興味の対象です。

講師 山田和夫(Java II・III、エンタープライズアプリケーション II)
これからのプログラミング言語で中心的な役割を果たしていくJava言語について基礎から応用まで、皆さんがしっかりと身につけられるようサポートしていきたいと思っています。