News

北海道礼文高校放送部に映像制作の特別授業が開催されました

投稿日:

  稚内北星学園大学では10月4日(日)秋のオープンキャンパスの関連事業として、北海道礼文高等学校の放送部に「映像制作に関する特別授業」を行いました。この特別授業は、本学が多くの高等学校と進めている「高大連携事業」の一環です。

  特別授業のはじめは、「企画する段階から映像制作を考える」と題して、ドキュメンタリー映像制作にとって「チームワークと作品イメージの共有が大切なこと」、さらに「企画書の重要性と企画段階での注意点」が張江洋直学部長によって講義されました。
 続く小谷彰宏講師による「ドキュメンタリー映像制作術」では、本学の学生による映像作品をサンプルにして、実際の撮影や編集場面ですぐに役立つさまざまな技術や工夫などが具体的に解説され、とっておきの「秘伝」がしっかりと伝授されたようです。
 生徒さんたちはすでに映像制作を経験していることもあり、取材で生じる疑問や編集で直面する問題点など、自分たちの経験と照らし合わせて受講していました。
 なお、引率いただいた放送部顧問の恩塚寛教諭からは、「今後の映像制作に役立つ内容の濃い授業でした」という、うれしい受講談をいただいています。