News

第11回入学式が執り行われました

 4月3日(土)に第11回入学式が執り行われました。あいにくの雪模様でしたが、新入生に加えて父母、来賓の方々、在校生など多くの方に出席していただきました。

 一人ひとり名前を呼ばれた入学生元気よく返事をして起立し、入学許可を受けました。学長と横田耕一稚内市長の祝辞に続き、入学生を代表して塚本一馬くんが「自分なりの目標を立ててしっかり学んでいくととともに、生きていくための知恵を身につけたい」と力強く決意を語りました。在校生代表の中野伸吾くんは「学生と教員の距離の近いところがこの学校の魅力」であり、「好奇心旺盛に学んでほしい」と応援のメッセージを送りました。

 その後全教員と全職員が壇上に上がって一人ひとり紹介されるという、小さな大学ならではの光景となりました。またそこで「就職率94.4%」という数字が紹介され、会場に驚きと安堵の表情が広がりました。

 講堂を後にした入学者を迎えたのは、稚内海峡太鼓保存会のみなさんによる力強い演奏でした。からだにビンビンと響く重厚な音と軽快なリズムは、新入生の気持ちを鼓舞したに違いありません。