News

まちづくりフォーラム〜市民が主役のまちづくり〜が開催され、本学安藤友晴准教授がパネラーとして参加しました

去る11月28日(日)、稚内総合文化センター大ホールにて、脳科学者茂木健一郎(もぎけんいちろう)さんを招き、「まちづくりフォーラム〜市民が主役のまちづくり〜」(主催:稚内市)が開催されました。

前半は茂木健一郎さんによる講演「脳がよろこぶ生き方」が行われ、後半のパネルトークは本学の安藤友晴准教授もパネラーとして参加しました。

パネルトーク中、本学の話題となり、茂木さんからは幕末に多くの志士達を輩出した『松下村塾』の少人数制の利点を例に、「稚内北星も将来には『北の慶応』と呼ばれるような有名大学になる可能性は必ずどこかにありますので、頑張ってください」と話していました。