News

学生が制作した映像作品が奨励賞を受賞しました

 稚内北星学園大学制作のビデオ作品「おじいちゃんを訪ねて…。」が「北海道映像コンテスト」にて奨励賞を受賞しました。

 同コンテストは北海道映像関連事業社協会主催の、北海道を代表する映像コンテストで、今年は特に激戦だったそうです。

 6月27日、札幌にて表彰式が行われ、3年生の三浦直也君が出席。「映像を制作することで、様々なことを学ぶ、とてもいい経験になりました」とコメントしました。

 今回受賞した作品「おじいちゃんを訪ねて…。」は、2011年度の夏の集中講義、TVメディア論で制作されたものです。飛騨高山映像祭にも入賞しており、これで二つ目の入賞となります。

 作品の内容については公式ブログにて紹介しています。