News

夜間主クラスの卒業生が新聞で紹介されました

投稿日:

 4月17日付の『北海道新聞』留萌・宗谷版に、「夜間主クラス 社会人に人気/稚内北星学園大」と題された記事が掲載されました。

 3月に卒業した飯沼さんと秋山さん、研究生を終了した太田さんの3人が取り上げられ、それぞれの論文の概要と仕事との関連などが紹介されています。

 ハザードマップを電子化して有効利用の方法を検証した飯沼さんは、「IT技術にも強くなり、プレゼンテーションの資料も作れるようになりました」。
 「アイヌ民族の格好良さ」を伝えたいと北方民族の交易史をまとめた秋山さんは、「学んだ歴史を観光に生かしたい」。
 ソフト開発を行った太田さんは、「勉強自体が楽しいし、技術が仕事に役立つ」。

 詳しくは紙面をご覧ください。