News

「児童サービス論」の「読み聞かせ」見学授業

 司書資格を取得するための科目「児童サービス論」では、特に「「読み聞かせ」とは何か」をテーマに学習してきました。今日は、これまで学んだことをより深く理解するために、いつもの教室を離れて実際に「読み聞かせ」の場面を観察する機会を得ました。大学から徒歩10分の稚内富岡幼稚園で、学生たちと子どもたちとが楽しく交流しました。

 「読み聞かせ」は子どもたちを夢中にさせます。まさに子どもたちが「声」につつまれ「絵を読む」場面が現れました。このこと自体とても興味深いことでしたが、「読み聞かせ」が終わった直後に行う手遊びなどの動作、ご挨拶など、めりはりのある一連の展開は大変勉強になりました。稚内富岡幼稚園の皆さん、ありがとうございました。

2013年6月19日(水)「児童サービス論」担当 池田 裕子