News

「極東ロシアの海藻と水辺環境」に関する特別講義を開催します

 本学では、ロシア・カムチャッカ大学からニーナ・クラチコバ生物学教授をお招きし、北海道北部と極東ロシアの水辺環境に関する特別講義を開催します。
 この講義は、本学学生向けに開講している「生物環境学」(担当:非常勤講師 川井唯史(水産試験場研究員))の授業の一環として行われるものです。

 講義はロシア語で行われますが、担当講師が通訳します。一般の方の参加も可能で、事前申し込みの必要はありません。
 多くのご参加をお待ちしています。 
 
日時/
 7月20日(土) 10時30分〜12時
場所/
 稚内北星学園大学 新館3階中教室
内容/
 ロシアと稚内のコンブを始めとした海藻の状況や、海の両地域の環境を取り上げ、これらを比較し、水産や海藻の食文化の違いを紹介します。

本件に関する問い合わせ/
 稚内北星学園大学事務局 32-7511
内容に関する問い合わせ/
 稚内水産試験場調査研究部 32-7166


-2010年6月に行われた「生物環境学講演会」の様子-