News

商店街の魅力を発信する動画を作っています

 現在、本学では今年4月に本格稼働した「まちラボ」を拠点とし、中央商店街活性化を目的として「学生として何ができるのか」という視点で様々な活動を計画しております。

 その1つとして、「商店街の魅力を発信するための動画づくり」を行っています。
 この取り組みは、一年間を通して行われ、学生が選定した各店舗の商店主の方にインタビュー及び各種イベント、日常的な店舗の様子を撮影しながら作品を制作しています。

 この動画を通じて学生たちが一番こだわった点は、「商店街と大型ショッピングモール」の違いは何かという点でした。
 商店街には各店舗に『扉』があり、それを開けて店舗へ入らなければならない点」が、「商店街と大型ショッピングモールとの違い」と捉えました。 
 
 今回学生たちが作成し、先日YouTubeに公開した作品は、2つあります。
 1つは、『出汁之介(だしのすけ) 稚内中央商店街を行く【稚内中央商店街】』、もう1つは『ペットショップ カナリヤ紹介ビデオ【稚内中央商店街】』です。

 これら2つの動画は、YouTubeの機能を活用し、木の「幹」と「枝」の関係となるようにリンケージされています。


各店舗の扉をクリックする


扉を開ける一人称目線になり


学生と店主が登場、店舗紹介映像へ

現在は取材した店舗は「ペットショップ カナリヤ」のみですが、今年度を通して、5店舗ほどを随時取材し、公開していきます。また、取材模様も下記写真の通り、随時公開していきます。


各店舗の扉の右上にあるバナーをクリックすると


取材模様を閲覧できます。