News

「旧瀬戸邸」で英語ガイドを学びました

 北海道観光経済論と経営学(いずれも藤崎講師担当)の合同講義で、旧瀬戸邸を英語で案内する体験をしました。

 昨今、インバウンド(外国人旅行客)増加に伴い、観光地での外国語対応が急がれています。それを受け、市内で英会話教室を主宰し、また実際に外国人への案内を実施されている通訳案内士の馬上千恵さんを講師に迎え「おもてなし英会話」を学習しました。

 外国語での案内は慣れていないだけで、ちょっとしたコツや度胸を身につけると、英会話を教わっていない学生でも充分に対応できる自信がついたと思います。